Skip to content

Archive for

同じブルックリンでも・・・

再びウェリントン情報です。

我々はウェリントンのブルックリンという地域に住んでます。自宅から歩いて数分のところに映画館Penthouse Cinemaがあります。どちらかというと中高年向けの名画座で、いつも渋い映画を上映しています。そして、週末ともなると団塊世代のおじさん・おばさんでいっぱいになります。路上駐車が多く、住民としてはちょっと迷惑。客層は「中高年」という表現にさらに「欧米系Kiwi」と「ミドルクラス」をつけたくなるような面々で我々は彼らの住む地域Karori, Kelburn, Khandallah の頭文字をとってKKKと呼んでいます。もちろんちょっと皮肉を込めて・・・

時々老人ホームのような施設から団体バスでやってくるご高齢の皆さんを見かけます。老人にも優しい映画館です。また、平日の昼間は赤ちゃん連れOKのセッションもあります。「赤ちゃんが泣いても構いませんのでお母さんたち、赤ちゃんを抱いて観に来てください」といったお母さんにも嬉しいサービス。Penthouse素敵です。

10年前はアジア人が珍しかったこの映画館も今では少しずつアジア系の客が増え始めています。特に昼間はアジア系のおばちゃんたちがお茶をしに集まったりしています。もともとブルックリンはワーキングクラスの町。今では「グリーン、リベラル、ヤングファミリー」といったNYのブルックリン?に似たイメージの町に変わってきましたが、ウェリントンの中心に近く、高台にあるので古くからの移民の間では人気の町です。また、カトリック教会&学校があるため、アイルランド系が多い気がします。

話を映画館へ戻します。このPenthouseでニューヨークのブルックリンが舞台となっている映画「Frances Ha」を観ました。特にブルックリンという街についての映画ではありません。Francesという若い女性の物語。コメディですが、大人向けのコメディです、観ててちょっと胸が痛みます。ちなみにこの晩は週の真ん中水曜だったせいか、空いていましたが、小奇麗に着飾ったおばさまグループがワイン片手に鑑賞してました。

FrancesHa

映画を観終わって、「もうこの歳でニューヨークに住もうとは思わないね~」と語り合いました。ウェリントンのブルックリンで十分です。でも、お金に余裕のある中高年が集まるのだから、もう少し気の利いたお店が増えてもっと活気が出てくれればさらに嬉しいと思ってます。頑張れ、ブルックリン!

 

 

ペットOKの映画館はないでしょうか?
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ウェリントン試食チーム

おやつの試食とシャンプーのテストをしてくれているメイジーとモカ。ニュージーランドらしく体の大きいワンちゃん達です。

photo (43) (480x640)

 

image001 (640x429)

実はメイジーちゃんはドッグデリの出店前から私の手作りジャーキーを試食してくれたりと創業メンバーでもあります。年齢的にはサーシャと同じくらいです(3歳前後)。モカちゃんはまだ1歳にもならない若手メンバー。前回はサーシャにびびってお漏らししてしまいましたが、ずいぶん大きくなりました。乳歯が抜けて本格的に硬いおやつを食べ初めてます。もうラム耳なんかは瞬殺でしょうか。

メイジー&モカが大好きな中型・大型犬向けのおやつも充実しておりますので、是非ご来店ください!

 

テストチームを仕切るのはもちろんサーシャ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

 

嵐の爪痕

昨日行ったドッグパークPrestons Gullyは白いテープで半分封鎖されてました。以前の大嵐で倒れた木を処理しているのです。現在、木を丘のふもとに集める作業をしているので犬がうろついたら危険です。一体何本の木が倒れたのでしょうか?積まれた丸太をざっと見ても今のところ5~60本はありそう。もちろん、自然に倒れた木ばかりでなく、安全のために切った木もあるかと思いますが。山積みされたウッドチップは、いつも「無料で分けてくれないかな」と願ってます。

photo (29)

photo (41)

それにしても昨日から結構な風が吹いてます。昨日も今日もフリスビーがすごいところまで飛んでいって見つけるのに苦労しました。テニスボールだったら見つからない草が生い茂った場所です・・・

今日はいつものTanera Parkへ行きましたが、風の強い日は(人間の)体力が消耗するのが早いなぁと実感しました。天気は良いのに風が強いのはウェリントンに住んでいる以上、慣れなければいけないのですが、上手くシェルターになっているようなドッグパークがあれば嬉しいです。これから春に向け、運転の練習を兼ねてドッグパーク探しでもしてみます。

Click on me, please!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

選べるデンタルケアおやつ

常に何かを噛んでいたい子はこちらの商品がおすすめ。本日から1000円ぽっきりのキャンペーンです。

3chews_500

選べる3種類 噛むおやつ」 牛ひづめ、ラム耳、仔牛耳、仔牛スジ、鹿スジ、牛スジの中から3種類選べます。同じ商品を3つでもOKです。

牛ひづめはおやつというよりもおもちゃですね。しばらくの間静かにしていてもらいたい時にはとっても便利です。歯もピカピカになります。

その他の皮・スジ系おやつはワンちゃんによってはあっという間に食べてしまえるおやつです。子犬には軟らかいラム耳、仔牛耳をおもちゃとして与えてください。

サーシャが選ぶ噛むおやつトップ3は・・・1番鹿スジ、2番ラム耳、3番牛ひづめ、といったところでしょうか?牛ひづめは与えておくてずっと齧っているので時間を決めて取り上げています。牛ひづめのパワーが鹿の角くらいであれば放置しておくのですが・・・(鹿の角はすぐに飽きるようですが、ちょうど良い噛むおもちゃ?)

P1050152 (638x640)

 

Click on me!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

コストパフォーマンス良好です!

Phoebe&Fitz(フィービーアンドフィッツ)のDog Washを使ってシャンプータイム!メイジーちゃん、良い香りでしょ?

photo (45) (480x640)

photo (42)

飼い主さんの間では大変評判の良い香り、ワンちゃんも嫌いではないようです。写真にあるように大き目の中型犬が使っても一度に20ml以下でしょうか?100mlボトルでもあと5回くらいは余裕でシャンプーできそうですね。よく伸びて泡立ちも悪くないので(メーカーとしては泡立ち抑え目とのこと)コストパフォーマンスはとても良いです。500mlボトルならコスパ最高です、多頭飼いなら断然500mlボトルをおすすめします。

嬉しいことにまだBuy 2 Get 1 Freeのキャンペーン中です。是非お友達同士で共同購入してください!また、写真を送っていただける飼い主様、色々ギフトをご用意しておりますので、是非、当店の商品を使っている(または、当店のおやつを食べている)愛犬の写真を送ってくださいませ!

 

こちらを押して応援よろしく~
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

All Blacksの試合で沸くウェリントン

NZ在住の皆さん、昨夜のオールブラックス(NZ) VS ワラビーズ(オーストラリア)観戦されましたか?

Pho68

All Black outfit but French supporter

ウェリントンのスタジアムでラグビーの試合がある日は昼真っからパブは大賑わいです。特に国を代表するオールブラックスともなると、一大イベント。今からこんなに飲んで夜の試合、ちゃんと応援できるの?といった感じです。

私はサーシャを連れて友人とランチ。犬連れの時は外にテーブルがあって芝生が広がるSt Johnsというバーが馴染みのお店なのですが、昨日はラグビー客でごった返しておりました。サービスの遅いこと・・・いつもなら15分程度でオーダーしたものが運ばれてくるのですが、この日は30分以上待ちました・・・しかも、天候が悪くなって冷たい風がビュンビュン吹いてきて早く移動したい気分でした。食事が運ばれてきたとたん速攻で食べてパブを後にしたのでした。

ちょうど試合が始まる頃、我々はコンテンポラリーダンスのショーを観に街中へ。オールブラックスの応援じゃなくてすみません・・・

チケットを受け取ろうと劇場の受付に来て、日にちを1週間間違えていたことに気づきました。ラッキーなことにショーは1週間後でした。で、代わりにラグビーの試合をどこかのパブで観よう!という意見もあったのですが、人ごみにうんざりしていた我々は映画を観ることに。なんという非国民!?

ということで、観たのがコレ、Elysium (日本のタイトルもそのままエリジウム)

elysium

District9の監督とのことで期待しましたが、一緒にいた4人全員「う~ん、いまいち」といった感じでした。まあ、大作なので観る価値はあると思います。

 

 

All Blacksおめでとう!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ワンちゃん夢の首飾り

旅行で行かれた方はご存知かと思いますが、ハワイやフィジー、サモアなどの南太平洋諸国では花や貝のレイ(首飾り)で迎えてくれます。また、NZの空港でよく見かけるのは島へ帰る人達(主にサモア人)がキャンディーで作られたレイをもらっている姿。いつ見ても「いいな~」と思ってしまいます。カラフルでかわいくておいしくて、一石何鳥?

そこで、ワンちゃんにとっての理想のレイを作ってみました。こちらです。

P1050160 (640x640)

そうです、ラム耳のレイです。写真を撮る間、サーシャはそわそわ・・・首飾りが気になって変な歩き方になってました。

皆さんも是非愛犬のために作ってみてください!250gあれば大型犬でも十分な大きさのレイを作ることができます。ポイントは大きめの穴(付け根のところに穴がありますが、塞がってる場合も)がある耳を使うこと。なければ錐か何かで穴を開けなればいけません。それから、愛犬がその場で片っ端から食べてしまうかもしれないので気をつけてください。大型犬でも与えるのは1日1個にしておきましょう。

LambearsLarge200

ラム耳~満足の250g

 

次回は牛ガレットでレイではなく首輪を作る予定です。乞うご期待!

 

 

我が家にいらっしゃるゲストはラム耳レイで迎えます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ドギーバッグ

本日もウェリントン情報です。

昨日行ったアルゼンチンBBQ@El Matadorですが、サラダ3種類から始まり、魚のグリル、色んなお肉のバーベキューから牛の煮込みまで食べきれない料理がテーブルに並びました。お肉がメインですが、ベストは魚でしょうか。隣に座ったカップルも魚、それからチョリソが美味しいと言ってました。奥さんの方は長年アメリカ(メキシコにも!)に住んでいたので南米料理も大好きなようです。彼女が美味しいと絶賛するチョリソ、食べる価値ありです。

Asado and Tangoということで店の中でタンゴを踊るカップルが・・・よくよく見ると友人の父親!サルサにはまっているとは聞いていましたが、とってもサマになっててカッコよかったです。一緒に踊る若い女性はただの知り合いかもしれませんが、二人頬を付けて踊る姿はとても妖艶な雰囲気でした。ユダヤ人の彼は度々南米へ旅行に出かけているので実はナチ・ハンター?と勝手に妄想を膨らませてました。まあ、そんな面影は全くない陽気なおじさんなので、本当にタンゴやサルサが大好きなのでしょう。

さて、食べきれない肉の山、お店が気を利かせてドギーバックを準備してくれました。実際、バッグではなく、ボックスでしたが。我々はサーシャが食べられそうな肉をピックして箱に詰めました。ラッキーなサーシャの興奮する姿が目に浮かびます・・・

実はこのお店、先週末にタパスを食べに来たのですが、その時、肉系を中心にオーダーしました。もちろんお肉は美味しかったのですが、本日改めて、シーフードもいける!と思いました。今度来るときはタパスでよくある鰯のなんとかやイカ、タコ系も食べてみたいです。

以下、サーシャの晩御飯。BBQの残り、牛肉です。これにいつものフードを少しトッピングしました。本当はフードがメインであるべきですが、今晩は特別です。

P1050142 (639x640)

 

 

More beef please!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

愛犬はグルメ、たまには飼い主も・・・

今回はウェリントン情報です。

我が家は食に関しては(も?)かなり家庭内格差があって、一番贅沢をしているのは相方サイモン。次にサーシャ。最後に私。サイモンは仕事上、出張や外食が多いので仕方ないのですが、なぜにサーシャが二番目?確かにいつも美味しいものばかり食べているサーシャ。さすがフレンチ、グルメです!と言いたいところですが、所詮は犬用フード&おやつ。ステーキやローストのおこぼれがもらえるのは週に1度くらいでしょうか?それでも散歩の途中で拾い食いって?悲しくなります。そして、底辺の私は主に残り物処理係。特にお昼がそうです、前日の晩御飯の残り・・・なんか一昔前のワンちゃんの食生活?時代は変わりましたね。

地味な食生活がメインの私ですが、今はWellington on a plateの真っ只中。週に一度はお出かけしてFoodieをきどってます。先週はShed5のシーフード料理6コース(結局お店のサービスで8コースに!)を楽しみました。普段自腹だったら行きませんが、年に一度のイベントなので特別なご褒美です。しかも、マスターシェフという料理番組で有名になったある人物も登場ということでかなりワクワクして行きました。

登場したのはこの方、ウェリントン在住のスシルさん。番組をご覧になってた方はまだ記憶に新しいかと思います、そうです、汗かきのインド人です!

stuff.co.nz より

stuff.co.nz より

番組中、彼はフィジーのリゾートで仕事をオファーされていたので、てっきりそのオファーを受けたのかと思ってました。ところが、まだウェリントンでITの仕事を続けていて、週1でカフェ・レストランで働いているとのこと。実は少し前にサンデーマーケットで見かけて「テレビ観てたよ~」声をかけました。笑顔で応える彼はどこにでもいるインド人(しかもIT業界のインド人)でした。

というわけでマスターシェフのハイライトはものすごくエキサイティングなものではなく、なんだか現実を見たような感じでした。子供も小さいので奥さんにしてみたら、ウェリントンで安泰な生活を送りたいに違いないと思いました・・・

Shed5の食事は言うまでもなく、申し分のないものでした。写真を撮るのも野暮なのでイメージはなしですが、久しぶりのブラフオイスターが最高でした。メインのクレイフィッシュとステーキも絶品。全部で8コース、それに合わせたワインも8種類。こんなに食べて飲むことって滅多にないので翌日は胃腸の調子が芳しくなかったです。なんだか偽Foodieバレバレですね。

本日はアルゼンチンBBQのランチへ行ってまいります!前回はシーフード、今回は肉!朝から大雨のウェリントンですが、まだまだ天候より食欲が勝ってます。でも、先に胃腸薬飲んでおくべきか・・・歳とともに胃腸の衰えが・・・

 

 

肉!肉!肉!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

猿知恵??

新しい鹿の角をもらったサーシャ、早速朝からガジガジやってます。残念ながらこの鹿の角はWellington Dog Deliでは扱っておりません。

P1050130 (640x640)

P1050132 (640x640)

 

朝の散歩でドッグパークへ行ったら朝露で濡れて泥んこに・・・濡れたドッグパークの芝=ウェリントンの冬、残念ながらまだ冬は続いてますね。

ドッグパークではラブラドール&ボーダーコリー&フォックステリアのやんちゃ集団がサーシャのボールとフリスビーを横取りし、サーシャはドン引き。頑張って取り返して来い!と言っても駄目。彼ら3匹はエネルギーありすぎです。私がフリスビーを隠そうとしてもずっとついてきて、終いにはジャンプして私の手から横取りしようとする始末。面白いので彼らと遊びたかったのですが、社交性に欠けるサーシャは皆とは遊びたくないようで・・・定期的にデイケアに送るべきか悩みます。

泥んこサーシャをシャンプー後、いつものように興奮状態になって鹿の角を放り投げて遊んでます。そして、ボリボリと音が聞こえてきました。鹿の角を食べているのです・・・今回の角は軟らかめだったのかと思いきや、サーシャは角が滑らないように布で包んで上手くかじっているのです!いつもシャンプー後に敷くこのブルーの布は目が粗いので角が織り目を突き抜けた感じになってました。

P1050135 (640x640)

P1050137 (640x640)

P1050141 (640x640)

たまたま布がこうなって上手くかじることができたのでしょうが、「ちょっと猿に近づいている!」とヒヤリとしました。これ以上、変な知恵をつけてくれるな!そのうち「No!」とか言ったりして・・・「猿の惑星 創世記」観た人ならわかってくれますよね?

 

 

Nooo!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ