Skip to content

Archive for

サーシャの移住物語 再びUKビザにイライラ・・・

UKビザ取得のため、本日朝早くから行って来ました、NZイミグレーションオフィス。

「面接」というから全ての書類を持って、どんな質問をされても大丈夫!な状態で行ったにもかかわらず、実際は面接ではなく、顔写真の撮影と指紋登録だけでした・・・書類とパスポートはこちらへ送付してくださいと紙を渡された時には「え?ここでやってくれないの??」と唖然としました。大半の人はここでかなりイラっとするそうです。我々ももちろん小言を言ってしまいました。担当の女性は申し訳なさそうに「面倒なプロセスで御免なさい」の繰り返し・・・。

彼女によるとビザの審査・発行はマレーシアとかどこか他の国で行われるとのことで、ますます我々をイラっとさせました。オーストラリアならともかく、なぜマレーシア??もう意味がわかりません。我々のビザは15日間以内に処理されるとのことですが、ビザが取得できるという保障はなし。ちなみに申請料金は一人600ドルほどかかってます。これで輸送中にパスポートが紛失、なんてことになったらもうこれは神様が「イギリスへは行くな」と言っている様なものです。その時は天命を受け入れる、ということで潔く諦めます。

passport (640x480)

話をサーシャへ向けると・・・イギリスのペット輸送のエージェントへメールしてUK→NZの手順や検査をざっと聞いてみました。思った以上に血液検査が多くてびっくり。4種類の血液検査にワクチン接種の証明などイギリスはいつから未開の地になったの?というくらいです。改めてNZは「クリーン」なのね、と思いました。さらに恐怖なのはこれらの検査に一体いくらかかるか?ということ・・・見積もりは現地の獣医さんにお願いしますが、我々はますますハゲと白髪が増えそうです。

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!

LuckyBag2

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャの移住物語 ペット可のホテル

現在、英国での家探しが難航して現実逃避気味になっております・・・茅葺屋根のおうち、断念か?そこで、賃貸物件探しはちょっと休憩、気分転換にヒースロー空港に到着したその晩宿泊するホテルを探しています。

大きなホテルチェーンでもペット可は大変有難いのですが、そのようなホテルではペットも普通にロビーを歩いているのでしょうか?日本のスタンダードでは決して考えられないことです。ペット同伴を売りにしているホテルならわかりますが、空港周辺の大型ホテルで犬連れって日本ではあまり見かけないのでは?

とりあえずヒースロー周辺ではいくつか探すことができます。単に「ペット可」から「犬1頭だけ可」という条件など様々ですが、値段も恐ろしく高いわけではないのでほっとしています。でも、普通のホテルに犬を連れて行くのは緊張しますね・・・たいていのお客さんは隣の部屋から犬の鳴き声が聞こえてきたらびっくりするでしょうし。さあ、サーシャ、英国のホテルで紳士的な振る舞いができるでしょうか?

P1020004

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!30日9時59分まで楽天ポイント5倍です!

LuckyBag2

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

新サービス、歯のクリーニング

P1020010 (640x480)

Beforeの写真がないので比較できませんが、本日サーシャの歯のクリーニングをやってもらいました。グルーミングのお店ですが、歯磨きサービスも始めたということで$25なら試してみるか・・くらいのつもりでグルーミングと一緒にお願いしました。

サーシャを引き取りに行って歯をチェックしてびっくり!茶色くなっていた部分が真っ白に戻りました!感動です。今まで散々獣医さんで「この茶色い部分を取り除きたいのですが・・」とお願いしてきましたが、「まだまだこのくらいなら放置しておいても大丈夫」と言われ続けてきたのです。きっと麻酔を打って歯石を取り除くので大掛かりなことなんだろうな?と思っていましたが、本日簡単にクリーニング完了。

P1020007 (640x480)

どのような方法で歯石(または茶色い部分)を除去したのかはわかりません・・・今度聞いておきます。次回のグルーミングは渡英の1週間前です。サーシャ担当のアメリカ人グルーマーさんが帰国してしまったので、今回新入りのグルーマーさんがやってくれたのですが、冬用カット、なかなかいい感じ!でも、そのグルーマーさんとももうお別れです。来年もいてくれるといいです。

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!

LuckyBag2

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

まさにウェリントン!の映画

早速観てきました話題(?)の映画 “What We Do In The Shadows” かなりふざけたバンパイア映画です。

ウェリントン人にしかわからない笑いがいっぱい。でも、万人受けする映画ではないかも・・・とりあえずウェリントンの住民は観るべし!世界中のFlight of Concordファンの皆さんも是非どうぞ!Flight~と同じセンスの笑いが期待できますよ。

この映画のためにウェリントン郊外にあるビール会社のTuataraが特別ラベルを作りました。Pale Aleです。血の味はしません。

tuatara2

 

tuatara1

映画を見終わった後、「サーシャはこの映画に出られそう、Vampoodleだし」とサーシャの映画出演の可能性を語りました。いよいよ映画スターになれるか?サーシャ!

vampoodle1

 

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!

LuckyBag2

 

 

Vampoodle? That’s me!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャの移住物語 このクレートはビジネスクラス?

本日ウェリントンはちょっとした嵐。風がビュンビュン吹いて雨も降っています。そんな中、空港までサーシャのフライト手続きに行ってまいりました。サーシャのフライトはウェリントン~オークランド間のみ我々よりも早い便です。我々のドメスティック便はメインのオークランド~LA~ロンドン便への乗り継ぎ時間が最短なので悪く言えば「余裕がない」のですが、サーシャは大事な荷物なので乗り遅れ厳禁なのです。

さて、サーシャのフライト&諸々手続き料金は、見積もり通り3061ドル。片道料金です。そして、ロンドンでの手数料400ポンドも別途かかります。我々二人分のフライト料金よりもずっと高額・・・帰りはもっと手続きが面倒で料金も高いということで、早めに現地UKのエージェントに連絡を取ったほうが良いとアドバイスをもらいました。

P1010992 (640x480)

P1010994 (640x480)

そして、こちら新しいクレート。今までのものより2回り大きいサイズです。ラムスキンを敷けばまさにペットのビジネスクラス!クレートのサイズが変わるごとに1~200ドル料金も変わります。中でおしっこするかも、ということでフライト当日ラムスキンは敷きませんが、サーシャにとって快適な旅になることを祈ります。

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!

LuckyBag2

 

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャ、ガレージドアに挟まれる

災難続きのサーシャ、今度はなんと・・・ガレージドアに挟まれました。

s1

昨晩ガレージにある薪を取りに行こうと玄関のドアを開けたところ、サーシャが脱出。猫がいない限り行くところはガレージと知っているのでそのままガレージまで行かせました。外は真っ暗なのでとりあえずガレージにいてくれれば安心です。しかし、リモコンで開けたと思ったガレージドアが途中で止まっていて2~30センチほどしかドアが上がっていません。サーシャはドアの前で待っています。

photo (41)

もう一度リモコンのボタンを押すと今度は閉じる仕組み。悲劇はそこで起きました。サーシャにとってはドアが閉じるのも開くのも同じ・・・というか、ガガーっとドアが動く音がしたら「ドアが開いてる!」と認識するようで、今回も「これからドアが開く」と思って頭を突っ込んだのです・・・暗闇の中だったので詳細はわかりませんが、キャンと鳴いて脱出。ガレージドアは障害物があるとすぐ止まるので虫ならともかくサーシャの体格なら挟まれて圧死なんてことはないはず。

その後、サーシャの希望通りいったん車に乗せ(車に乗りたいからガレージへ行くのです)、電灯をつけて怪我がないか確認しました。痛そうなところはなく、ホッと安心しましたが、長旅が待つサーシャには気が抜けないな、と改めて実感しました。これでまた獣医さん通いだったら笑えません。サーシャもこれに懲りて少しはガレージドアには気をつけるように学習して欲しいです。

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!おやつの種類いっぱい、プレゼントにも最適です。

LuckyBag2

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ローカルビジネス応援といっても・・・

ウェリントン情報です。ここ数ヶ月スーパーへ買出しに行く度にサイモンがチョコ買おうか?と板チョコをカートに入れていました。なんでもWellington Chocolate Factoryといってウェリントンのローカルビジネスとのこと。そして、今まで散々私も食べていましたが、今日始めてその値段を知りました。

photo (50)

まさに衝撃的な値段!一枚10ドル以上の板チョコなんて!!確かにお洒落な包み紙でリッチな味ですが、そんな値段つけなくても・・・隣のWhittarker’sの板チョコは容量が3倍ほどでこのWellington Chocolate Factoryの半額以下!私としては食べ慣れているWhittaker’sで十分なのですが・・・Whittaker’sもウェリントンのローカル会社、でも最近は大きくなってイギリスの有名料理家をCMに起用するなどちょっとバブルな感じ。だったら無名なお店を応援したくなりますね。それにしても値段が気になる貧乏性な私です。また、店頭販売していた冷凍餃子にも惹かれましたが、16個入りで28ドル!アジア人だったらそんなアホらしい値段払いません。自分で作れば28ドルの材料で100個以上作れますから・・・

photo (51)

そんな私もこちらは値段をチェックせずに即購入。Mulled Wine(ホットワイン)が作れるシロップです。ずっとこういった簡単にホットワインが作れるものを探していました。ドイツ人の友人はパウダー状のものを国で買い込んで持ってきていました。このシロップは水とワインで割って温めるだけ。スパイスが効いていて体が温まりました。ワインは安いワインで十分です。早速ドイツ人の彼女にも知らせたいと思います。

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!

LuckyBag2

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

精神的ダメージ

見知らぬ犬に咬みつかれて怪我を負ったサーシャもそうですが、飼い主の私としても精神的に疲れました。その後、相方や友人と「そのシチュエーションにいたら」ということで談義。もちろん第一に咬む恐れのある犬はリードに繋いで散歩、なのですが、相手の飼い主がコントロールできなく、最悪ケンカになってしまった場合、愛犬を守るのは飼い主の私です。

bally

昨日は何度もボール投げの棒で叩いてやろうか!と思ったのですが、棒を振り回す程度で止めておきました。相手の犬も体格はサーシャとほぼ変わらない程度で闘犬の血が混ざっている風でもなかったので「人間が手を出したらかわいそう」という罪悪感もありました。しかしながら文字通りサーシャが尻尾を巻いて逃げ回っているのにも関わらず何度も攻撃しようと威嚇してきました。誤って人間の私を咬んでしまった場合は殺処分になるかもしれません。さすがにそれは避けたいので直接蹴るとか手で捕まえることはしたくありません。やはり、ボール投げの棒で鼻元をぴしゃりと叩くべきか・・・プラスチック製なのでそんなに痛くないのですが、叩かれたらびっくりすること間違いなし。この意見には皆が同感。まさかこの棒がこんな形で「購入しておいて良かったアイテム」になるとは!「ケンカ仲裁棒」として売れるかも??

 

liver200g

とりあえずサーシャは元気です。昨日は天気が悪かったので室内ドッグラン(オフィス)でボール遊びをしました。食欲も旺盛で流血した分だけ牛レバーを~ということでたっぷり牛レバーも食べてます。でも、夜には私もサーシャもぐったりで早々にベッドへ行きました。この精神的ダメージから立ち直るにはあと数日かかりそうです。

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!牛レバーは夏バテ防止にも!

LuckyBag2

 

Beef Liver!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

突然ですが・・・サーシャ咬まれる

ドッグパークでよく出会うフォックステリア、ボーダーテリアその他数匹のグループに初めて見る黒いショートヘアの犬が加わっていました。この黒い犬が曲者でした。飼い主のおじさんが何度呼んでも言うことをきかずに我々の方に向かってきてサーシャを攻撃し始めました。

咬まれたサーシャが大声で鳴いて他の犬たちも興奮し始めました。黒い犬は追っ払っても何度もサーシャに向かってきます。飼い主のおじさんは何もできず犬の名前を呼んでいるだけ。この駄目さ加減にかなり怒りを覚えました。おじさんと違い、仲間のおばさん達が犬をコントロールしようと奮闘。いつもサーシャのボールを横取りする若いワンちゃんが心配そうに何度も駆けつけますが、サーシャは興奮状態なのでとりあえず全ての犬達を遠ざけてサーシャの傷をチェック。胸から血を流していました・・・ショックです。

家に帰り、再びチェック。毛が邪魔でよく見えませんが、ボクサーに咬まれた時ほど傷は深くないようです。一応獣医さんに電話して緊急で診てもらうことに。狂犬病予防接種を打ってくれたイギリス帰りの獣医さんだったので「1週間に2度も注射なんてかわいそうに」と今回は2回もレバーおやつをくれました。はじめは抗生物質に加え、痛み止めの注射もしておこうと言っていたのですが、流血した胸の傷は深くないことがわかり、抗生物質のみの注射でした。目の上の毛が抜けてしまったけど、目は傷ついていないし、視力も大丈夫とのこと。

injury2

 

injury1

家に帰って、相方サイモンに諸々報告。「目をやられていたら・・」と思うとぞっとします。襲った犬をうらむというよりもやはり飼い主がダメなのだと思いました。自分の犬が咬む犬とわかっていたらリードを外さないで欲しいです。おばさん達は色々世話を焼いてくれましたが、おじさんからは謝罪の言葉など一切なし。こちらから説教したい気持ちでいっぱいです。「要注意!」の言葉とともにおじさんの顔写真と犬の写真をドッグパークの入り口に貼ってやろうか・・・

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!

LuckyBag2

 

 

痛かった!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャの移住物語 フライト予約しました

一年間のUK移住となった我が家は結局家族全員同じフライトで一緒に行くことになりました。家族全員といっても子供はいないので我々と犬。でも、犬1匹にかかる料金は子供4人分!と自虐的な冗談で盛り上がってます。予定より早く8月最終週の出発です。サーシャが乗れるニュージーランド航空の便は毎週月曜ロス経由の1便のみ。我々もこれに合わせました。

先日チェックした時はエコノミー片道運賃が1399ドルだったのに今週は既に1549ドルまで上がっていて、さっさと予約しておこうということに。出発日が決まり、お金を払ってしまうと「もう後戻りできない」というプレッシャーが出てきます。本当に行くの?とまだ実感がないのが正直なところ。サーシャもまさか27時間以上もクレートに閉じ込められるとは夢にも思っていないでしょう。ごめんね、サーシャ・・・

P1040557 (640x480)

来週新しいクレートをもらいに行く予定ですが、サーシャの反応が楽しみです。クレートの中で水を飲む練習も必要です。そして、大き目のクレートには大き目のラムスキンが必要かもしれません・・・機内は寒いし。

 

Wellington Dog Deliは今夏2周年を迎えます。人気の福袋販売中です~お見逃しなく!

LuckyBag2

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ