Skip to content

Archive for

アムステルダム、犬にとっては???

20数年ぶりのアムステルダムは、やはり人が多く、賑やかな町でした。気候は思いがけずエクセターよりもずっと暖かで夏の陽気でした。

すっかり「犬と生活する」視点から町を観察する癖がついてしまったせいか、やたらと犬連れの人に目が行ってしまいます。町中で見かけるのは小型犬がほとんど。チワワやフレンチブルを多く見かけました。

P1030796

P1030819

少し町から離れると大型犬もしばしば見かけますが、アムステルダムの町は大型犬にとっては受難・・・なんせ、「芝生のエリアが少ない」というのが第一印象ですから。石畳の古い町なので仕方ないのですが・・・

P1030797

P1030818

P1030855

それから、ひっきりなしにやってくる自転車やスクーターに轢かれそう、という心配もあります。自転車道が整備されているのはエコで素晴らしいこと、そして、住民にとっては手軽に自転車で移動できるので大変有り難いのですが、なんと同じ道をスクーターも速度制限付きで走行OKなのです。これはかなり危険かも・・・速度を守らない若者も多いのでこればかりはあまり賛同できません。

P1030854

よって、子供や荷物を入れるこの大きなかご(荷台)に犬を入れている人も。相方は自転車で買い物へ行けるこの町の作りにたいそう感動して、「ロンドンよりもアムス!」とのこと。でも、犬を飼う視点から見るとやはりイギリスの方がドッグフレンドリーかもしれません。

また、ドイツから合流した友人カップルにとってアムスは忙しすぎるそうで、色んな意見がありますが、私個人の意見では観光客にとってアムステルダムは魅力的な町だと思います。美術館や博物館がギュッとコンパクトにまとまっているのでとても歩きやすいし、至る所にパブやカフェがあっていつでも休憩できます。コーヒーの消費量はイギリスの6倍だそうで・・・どうりでどこでもコーヒーにハズレがないわけです。

P1030822

P1030829

P1030836

運河の水はお世辞にも綺麗とは言い難いのですが、やはり夏はボートで運河をクルーズしたくなります。そういえばボートハウスに住むワンちゃんも何匹か見ました。快適かどうかは??ですが、犬との船旅は憧れます。

 

サーシャはお留守番
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

物音に敏感すぎるプードル

ここでは幾度と無くプードルは良い番犬であることを語ってまいりました。

P1030772

うちのプードルは鼻はそんなに効かないけど耳が良いので、物音がすると窓際まで速攻ダッシュで吠えまくります。うるさいので吠え癖を直した方が良いのかもしれませんが、番犬としては合格かと。

昨日のグルーミング後、耳の中もきれいにしてもらったせいか?ますます音に敏感になっている気がします。近所の大工仕事が気に障るのか?ハンマーを打つ音や物が転がる音などちょっとしたノイズにウウウ~と反応しています。

こんな調子では明日から来てくれるシッターさんも閉口するに違いないとちょっと心配です。サーシャ、もう少しリラックスしてくれ~

 

Thanks for visiting!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ボディは夏仕様、でも耳が

本日はサーシャがグルーミングへ行っていたので家の掃除がはかどりました。

グルーミング後のサーシャです。体は夏仕様で丸刈りです。こんなに細かったんだ!とちょっと驚きました。かなり胴が長く見えます。また、尻尾がキツネのようです・・・

P1030766

それにしても耳の毛はずっと伸ばすのでしょうか?まるで頭が3つあるようです。

P1030762

カット・スタイルに関してはグルーマーさん任せなので帰宅してから「やはり耳をボリュームダウンしてください」とは言えません。ちょっと暑苦しい感じです。次回は耳の毛を切るなり、束ねるなりしてもらおうと思います。

P1030769

 

 

Thanks for visiting!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

本格タイ料理で締めくくる長い一日

大家さんが家を売ると言い出し・・・留守にしなければならない日が増えそうです。目的もなく、町をブラブラするのがこんなにも疲れるとは思っていませんでした。毎日の散歩と随分違います。これからは「目的」を作ってから家を出るようにせねば・・・まずは初日の長い一日の続きです。

P1030754

Topshamで白鳥さんを眺めて町をブラブラした後、ここでランチにしようかと思っていたのですが、週末のTopshamは買い物客や観光客が多く、パブも大忙し。あっさりと諦めて再びエクセターの中心街へ行くことにしました。

週末なのでショッピングモールの外に屋台っぽいファストフードのお店が沢山出ています。ここでローストポークサンドを買って屋外で食べることに。これならサーシャも一緒にいられます。さらにカフェへ移動して屋外テーブルで食後の一杯。

この後、ちょっと横になりたかったので城跡の公園の芝の上で日向ぼっこをしました。この公園ではピクニックをする家族やごろ寝して談笑する若者、さらには就寝中のホームレスらしき人も多く、日中なら安全にごろごろできるなと思いました。家に帰らず公園で寝る、というのが当たり前になりそうでちょっと不安です。

P1030755

P1030757

P1030761

目的もなく一日中外をうろつき回り、やっと家に帰ったサーシャはぐったり。我々はタイ人の知り合いに夕食に招かれていたので再び出かけたのですが、サーシャはさっさとクレートに入って寝る気満々でした。

4月の日本旅行で日本を満喫した彼女が旅のハイライトを語りながら美味しいタイ料理を振る舞ってくれました。グリーンカレーやラープといった日本人にも馴染みのあるものからさっさと作る絶妙な炒めものまで。本格的な辛さが嬉しかったです。

 

Thanks for visiting!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

まさかの・・・バスの中でゲロ

大家さんからの突然のお知らせ「家を売ることになったから本日エージェントとの打ち合わせでそちらへ行きます」ということで我々は家を空ける(外出する)ことに。

家を売るのは勝手にどうぞ~ですが、我々の契約終了までオープンホームとかは控えて欲しい・・というのが本音です。また、度々エージェントや大家さん自身が訪ねてくるのもイヤです。相方はこれがあるから早く自分の家に帰りたいし、他人に家を貸すのも嫌!と朝から機嫌が悪い・・・

とにかく家を空けるため、私とサーシャはいったん町まで行き、大聖堂でまったりすることに。すると、こんな怪しいミッキーを発見。

P1030749

空気で膨らませた滑り台です。明らかにニセモノミッキーかと。ここは中国か・・・

しかも、軍隊のチャリティイベントの一貫?陸海空軍(他にありますか?)各テントでオリジナルグッズを販売していたり、ちょっとしたゲームがあったり。ちょうどヘンリー王子除隊のニュースが流れたところなのでタイムリーです。宣伝活動を兼ねた射的のゲームもありました。ライフルがとてもリアルだったのですが、射的用に改造したのか?武器マニアではありませんが、射的やっておくべきだった!と少しだけ後悔。

P1030748

その後、時間つぶしに隣町のTopshamまで行って白鳥さんのヒナを見よう!とバスに乗ったのですが、なんとサーシャがバスの中で吐くという大失態!お腹が空きすぎた時の胃液でした。私が手でキャッチしてさっさと袋に入れましたが、一旦バスを降りることに。家まで戻り、サーシャの耳についた嘔吐物を拭き取り、おやつを与え、ちょっと休憩。既に大家さんが来ていて、ガーデニングをしていました。雑草ボウボウですみません・・・

やはり家にいるのはちょっと居心地が悪く、我々はそそくさとTopshamへ向かうことにしました。目指すは白鳥さん。前回と同じスポットにいました!まだ卵を温めている状態でしたが、本日は「つがい」で巣にいました!2羽いるととても健気に見えます。若夫婦の子育て、といったところ。ますますヒナ誕生が楽しみになってきました。

P1030754

 

時間つぶしの長い一日はつづく・・・

 

Thanks for visiting!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ペットショップ2軒ハシゴ

今日は天気も良くお出かけ日和なので午後からサーシャを連れて町まで行きました。目的はサーシャのおやつ補充とウンチ袋の購入です。

P1030732

香り付きのウンチ袋は相方に不評なので、何もニオイのついてない袋にしました。ロール4本入(計60枚)で2.99ポンド(=600円弱)何気に高い・・・その倍出したら首輪を購入できます。首輪は本皮でMade in UKなのにこんなに安くて良いの??

先日「ピンクの首輪ってなかなか可愛いね。モカもピンクだった」という会話を思い出し、本日お買い得なピンクの首輪に出会うなんて運命か?本当はグレイハウンドやウィペット用の形が緩い山形になっている首輪が欲しかったのですが、サイズがなくて断念。ショップのお姉さんにも「プードルには似合わないかも」と言われましたが、合わないサイズでも試着だけさせてもらいました。プードルも丸刈りにすればきっと似合いそう・・と密かに思ってます。

また、我々がアムステルダムへ行ってる間、シッターさんにサーシャの歯磨きをお願いするのもナンなので久しぶりにグリニーズを購入。歯磨き代わりの牛スジも買いましたが、牛スジを扱うのはベジタリアンのネパール人女性には酷かと思い、グリニーズの出番ということで。

P1030734

新しいピンクのカラーは黒い巻き毛に隠れてあまり見えませんが、黒とピンクのコントラストはなかなか素敵だと思います。赤と黒には負けますが。懸念すべきは、ピンクだといつも以上にメス犬に間違われてしまいそう・・・さて、サイモンの評価は??

 

 

楽天お買い物マラソン~店内全品ポイント5倍です!!

test4

 

 

Thanks for visiting!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

牧場育ち

Wellington Dog Deliの鹿肉シリーズに鹿ハツがあるのですが、しばらく仕入れることができていません。

既に何度も「NZ産鹿肉はアジアでの需要がすごい」とここにも書いてまいりましたが、いよいよ鹿ハツはほぼ人間の食用になりそうです。

日本でもハツ(心臓)は焼肉屋さんでメニューにありますが、あれは牛のハツですよね?さすがに日本で鹿のハツを出すお店は少ないかと思いますが、アジア(中華圏)では薬膳料理のお店などでいただくことができるのでしょう。きっとお値段も高め・・・ということで、今まで鹿ハツを食べてきたワンちゃん達はかなりラッキーです。

P1050403 (640x480)

同様に鹿スジも毎回「いつ入るかわからない」と言われてしまいます。とりあえず今回は仕入れができました。日本では野生の鹿に肝炎が流行っているそうです。なので、可能な限り牧場育ちで健康管理された安全なNZ産をお買い求めください!

 

Thanks for visiting!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

我が家はバラ園!?

今月になって英国もいよいよ夏らしくなってきました。今まで気づかなかった場所にバラの花が次々と開花して、庭が賑やかです。

P1030708

P1030710

P1030721

P1030723

最近はほぼ毎日庭でピクニックです。といっても、サーシャの毛布を敷いてゴロ寝したり、お茶を飲んだりしてるだけですが。

P1030705

そして、サーシャがやたら執着する場所があり、何かと思えばコレです。

P1030706

イチゴ狩りを楽しむプードル・・・小粒ですが、なかなか甘くて犬も欲しがるわけですね。

そういえばウェリントンの自宅に残してきた白いバラはどうなっているのか?ちょっと心配です。鉢植えの状態なのでものすごく広がっていることはないかと・・・逆に死に絶えているかもしれません。

ここの庭を見ていると「NZの自宅に帰ったらあれも植えようこれも植えよう」とやる気が出てきます。やはりイギリス人ってガーデニングに気合入ってるな、と感じるこの季節。短い夏を楽しみたいと思います!

 

イチゴ!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャの移住物語 ペットパスポート取得

新しいマイクロチップと共に作成したのがこのペットパスポート。

P1030713

今更EU圏への旅行へ連れて行くわけではありませんが、ペット輸出入の時にあると便利(EU圏内の移動では必須)らしく、作ってもらいました。NZのワクチン履歴手帳と同じ感覚でしょうか?人間のパスポートと比べると幾分安っぽいのは否めませんが、犬がパスポートなんてちょっと生意気な感じです。

先月受けた狂犬病の血液検査も結果は問題なし。証明書に獣医さんのサインをもらったのでエージェントへ輸出申請書を提出するところです。既に契約金としてデポジットは支払っています。なので、英国に留まるというオプションはなしです。今度はいよいよサーシャの帰国日を決める段階です。同時にNZ側の動物検疫所の予約も。

P1030711

今朝の散歩で「イギリスはドッグフレンドリーな環境でサーシャにとってはNZより幸せかも。よその犬達もよくしつけされているし・・・」と相方とちょっとしんみりしました。いつもは「早くNZへ帰ろう!」とイギリスに未練は全くなしと言っていますが、犬のことになると後ろ髪を引かれてしまうのです。子供の教育のために移住なら理解できますが、さすがに犬のために移住はできません。とりあえずサーシャには今のうちに好きなバスや電車に乗ってもらい、ドッグフレンドリーのパブやカフェへ行ったりと英国生活を満喫してもらいます。

 

 

帰国準備中
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

日本車が高級に見えるワケ

日本の中古車が大半を占めるニュージーランドからイギリスへやってくると町を走る車の種類が多いことに驚きます。イギリス・ドイツ車はもちろんのこと、見たこともないような車が沢山!よくよく聞くとそれがヨーロッパの車ではなく、アメリカ車だったりします・・・さらにヨーロッパを旅行していると、ものすごく古い車や小さな車(スマート以外にもあった!)を見かけてとても興味深いのです。

もちろん日本車も時々見かけますが、NZでそこそこ人気のある韓国の車はほとんど見かけません。ハイブリッド車も思ったほど多くないかも。我々が使うカーシェアリングの車はさすがエコを意識してか?トヨタのプリウスです。また、ヨーロッパのレンタカーはマニュアル車ばかりで閉口します。友人カップルGermansがNZでわざわざマニュアル車を購入した意味がわかる気がします。私は教習所以外でマニュアル車を運転したことはNZで一度だけ、しかも車ではなくトラクターですが・・・

P1020184 (640x480)

実際、車には詳しくないのですが、豊田出身者としてはトヨタ車を見かけると嬉しくなります。愛知県ではここ一年でレクサスが急激に増えた!と帰国時に友人と話していましたが、こちらで見かけることは本当に稀です。珍しいから一段と高級に見えてしまいます。

さらにエクセターで多いのがバン。近所で使い古されたハイエースを見ると嬉しくなります。きっと20年以上乗っていそう、でもあと10年はいける!といった感じです。ちなみに相方の一番欲しい車はハイエース、気持ちはわかりますが、何か商売でも始めるのでしょうか?

義母も「娘から次の車は絶対トヨタ車にすべし!と言われてしまった」とのこと。NZに置いてきた義母のアメリカ車は義妹カップルが使っているのですが修理代がバカにならないそうで・・・彼女が元から乗っている古いトヨタ車(たぶん懐かしのスターレット)はメンテにお金がかからないのに好調だとか。別の家族メンバーに託してきたうちのヴッツも同様、全く問題ないそうで・・・というわけでNZの家族の中でトヨタ神話が生まれています。

トヨタ神話といえば2年前に行ったボツワナでのサファリキャンプ。サファリで使用する車は大抵トヨタのランドクルーザーです。サファリガイド達から絶大なる信頼を得ています。

P1010441

ランドクルーザーに関して熱く語る彼らの姿をトヨタの幹部さん達に見せてあげたい!とさえ思いました。ライバルのレンジ(またはランド)ローバーは見かけはカッコいいけど故障が多いようで・・・アフリカではトヨタの勝利といって良いかと思います。まさかアフリカの人間完全アウェイの地でトヨタ車の話題で盛り上がるとは!トヨタで働く友人への良い土産話になったことは言うまでもありません。

 

車は・・・バスが好き!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ