Skip to content

Archive for

自力でいきます!お尻の続き・・・

かなり汚いお話です。再び肛門腺です。お食事中の方はご注意を・・・先におことわりしておきますが、かな~りグロい話です。

以前、相方が「サーシャがウンチをした時、透明の液体も出てきたけど、もしかしてあれが・・」と教えてくれました。私は今までにその瞬間を見たことがなかったので、ものすごく興味がありました。どんな感じで出てくるのか?勢いは??とサーシャに「ほっといてくれ!」と言われそう。やはり、自分で出す力があるんだと思いますが、度々お尻を気にするので自分で出せない時もあるのでしょう・・・

P1030741

 

そして、本日見てしまいました、その瞬間を!実は獣医さんへ行こうという日、引っ越しのダンボールを待っていて日が暮れてしまったので、サーシャの肛門腺絞りは翌日に変更!と思っていたら、翌日は全くお尻を気にしなくなっていました。どうやら自力で排出したようで・・・そして、本日の散歩で実際にその排出の瞬間を見たのです。

それぞれ犬によって異なったり、その日の体調によるのかもしれませんが、本日のサーシャは力んでウンチが出てくる前に液体が出てきました。本当に一瞬、シュッという感じです。スカンクっぽい?でも、実際スカンクがクサイ液を放出しているのを見たことはないのであくまでもイメージです。昔の犬達はこうやってマーキングしていたのね、と納得です。

やはり固めのウンチでないとこうはいきません。固めのウンチが出た理由はたぶん肉を与えたからだと思われます。骨だともっと効果的かと。

ということで、獣医さんへ行かなくてすみました!診察費の20ポンド分、肉と骨を買ってあげようかと思います。

 

 

楽天ショップオープン3周年!キャンペーンやってます!

3rdAnv3

帰国の応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャの移住物語 人間の引っ越し準備もスタート

さて、我々人間の移動もそろそろ真剣に考えねば、ということで引っ越し業者を適当に3社選んで見積もりをもらい、あっさりと大手らしき会社に決めました。値段が安いというのもありますが、質問に対する返信の早さに感動。最後までテキパキ対応してくれると嬉しいです。

引っ越しといっても我々は家具とか大きな荷物を送るわけではないのでダンボール数箱、多くて5-6箱でしょうか。今朝ダンボールと梱包用品が届いたのですが、箱が結構大きくて嬉しい驚きです。せっかくだから~あれもこれもと余計な買い物をしてしまいそうです・・・今まで余計な買い物をせずに来たのに本末転倒?とりあえず、今送ってしまいたいもの、捨てるもの、寄付するもの等々仕分けの開始です。

P1040009

犬連れ海外生活もいよいよ終盤、再びNZへ飛ぶなんて夢にも思っていないサーシャは今日も無邪気にボール遊び・・・イギリス生活を満喫しておくれ~

P1030739

 

 

楽天ショップオープン3周年!キャンペーンやってます!

3rdAnv3

帰国の応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

お尻をどうにかして~

P1030965

しばらくお尻を気にしていなかったサーシャ。フードにトッピングしているブランが効いている!と信じてましたが、再びお尻を舐めるようになりました。

例の肛門腺です・・・ここ数ヶ月は自力でウンチと一緒に出していたと思われるのですが、昨晩私の膝に座った後、ジーンズにくっさーい液体が・・・勘弁してくれ~と思いましたが、仕方ない、よくあることですよね。

未だに肛門腺絞りには成功していなくて、このためだけに獣医さんへ行くの嫌だな・・と思ってしまいます。なんとか食べ物で元に戻らないか・・と考えています。NZ時代は肛門腺の問題はなかったので、原因は食べ物に違いないと思うのです。イギリスに来てから全く与えなくなったのは骨。硬い骨を食べた後のウンチは白っぽくコロコロしていて踏ん張って出すので肛門腺もクリアになるのでしょう。

最終手段として骨を与えてみようと思いますが、こちらイギリスには安全そうな骨のおやつがなかなかないのです。犬用の生の骨(牛の骨)もスーパーで見かけませんし・・・手当たり次第色々なスーパーをチェックしたら見つかるかも。また、生の手羽先ならOKと聞きますが、与えたことがないので躊躇しています。

早くNZに帰ってネックチョップ等安全な骨おやつを与えたいです。そして、効果が見られた暁には日本でも再びネックチョップを売りだそうかと・・・

neck1

 

 

Wellington Dog Deli お買い得情報 

先着20セット!夏のもう一品プレゼントはこちら

 

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

巻き毛は辛いよ

IMG_7713 (640x480)

短毛のワンちゃんは平気なのでしょうか?巻き毛だと泣きたくなるほど種の収穫ができますよ~この顔を掃除するのに二人がかりで10分。表面だけならいいのですが、毛の奥深くにも入っているのです・・・

この雑草の種といい、最近既に「夏の終わり」を感じています。雨が多くて肌寒いのも理由の一つ。日本は台風が去って猛暑だというのに・・・肌寒いせいか、最近肉ばかり食べてます。

IMG_7714 (480x640)

町で一番と評判のサンデーローストにも挑戦。確かにジューシーで美味しかった!これなら毎週末食べに来たい!と思いました。NZに帰る前に随分体重が増えそうな予感。美味しいものを食べて太るなら仕方ない、美味しいものが見つかっただけマシ!と自分を納得させています。

 


Wellington Dog Deli お買い得情報 

先着20セット!夏のもう一品プレゼントはこちら

 

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャの移住物語 二つのチップ

どうかな~と不安に思っていたことが的中・・・例の壊れたマイクロチップの問題です。こちらで発行してもらったペットパスポートには新たにマイクロチップを入れた旨を書いてもらいましたが、輸出エージェントいはく、それだけでは不十分とのこと。獣医さんの正式なレターが必要と言われました。

ああ、面倒な~と思いながらもこれは一応想定内。獣医さんへお願いして一筆書いてもらってます。今回レターだけで済むのはちょっと有り難いです。そもそも「NZから来た犬」と「イギリスで生まれた犬」の違いなんてチップがなければ認識できません。近い将来DNA登録とかできるのかもしれませんね。まずは人間からでしょうが・・

P1030734

どこかで犬の指紋ならぬ鼻紋はIDにもなると聞いたことがあります。マイクロチップの故障を考えると鼻紋を登録した方が確実では?と思ってしまいます。人間のパスポートやビザのように写真プラス鼻紋で。

何でもコンピューター化、システム化するとハードが壊れた時やシステムにバグがあった時に悲惨なことになります。南アフリカへ行った時、フライトが遅れて急遽オーストラリア経由に変更され乗り継ぎだけにも関わらずビザなしでは発券されないというトラブルがありましたが、やはり最後はマニュアルでなんとかしなければいけないのです。サーシャがNZに入国するまでまだまだ長い道のりです。血液検査もあと4種類。無事にパスできますように・・・

 


Wellington Dog Deli お買い得情報 

現在アウトレット大セール開催中!人気おやつが半額です!!

楽天ショップはこちらから 

ヤフーショップはこちらから

 

 

帰国の応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャの移住物語 検疫施設の予約

イギリスからNZへ犬を輸入する場合、最低10日間の検疫が必要です。検疫スタッフしか入れない隔離病棟ならぬ隔離小屋です。

小屋というとイメージが悪いのですが、典型的なペットホテル、ケネルよりもずっと快適な「個室」です。サーシャが入るのはウェリントンから車で1時間半ほどのところにある町Levinの検疫施設。ホームページを見ると「人間も宿泊できそう」と思えるほど立派な部屋!部屋にあるテーブルとイスは犬用?人間用?とつっこみたくなります。

10日間ここでフライトのストレスから回復してのんびりするのも悪くないかも。昨年渡英後に体調を崩したことを考えると、今回10日間も獣医さんや検疫スタッフが監視してくれるのは心強いです。まあ、その分お金はかかりますが・・・

P1030713

サーシャの入所予約をしたらまるでホテルのように「ご予約ありがとうございます」のメッセージが届きました。入所日は9月24日。その頃我々も英国を後にしていることでしょう。我々の帰路に関してはぼんやりとアメリカ東海岸へ渡って・・と考えていますが、サーシャの予約で面倒なことが起こり(後ほど報告します)、自分たちのフライトの検索等全くしておりません。

とりあえずサーシャの世界旅行はこれで最後。地球を1周することになるのでもう十分です。次に海外へ行く場合は船かプライベートジェットで・・と言いたいところですが、そんなことはジョニー・デップが「サーシャを譲って」と言わない限りあり得ないのでサーシャはNZで余生を楽しむことでしょう。万が一プライベートジェットで旅行することになっても検疫はちゃんと受けるように!

つづく

 


Wellington Dog Deli お買い得情報 

現在アウトレット大セール開催中!人気おやつが半額です!!

楽天ショップはこちらから 

ヤフーショップはこちらから

 

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

さて、サーシャはどこへ行ったでしょうか?

おばあちゃんに会いに日帰り旅行へ行ってきました。さて、ここはどこでしょうか?ロンドン在住の方ならきっとわかるはず・・・

P1030982

P1030983

P1030987

P1030990

P1030994

P1030997

P1040002

P1040004

P1040007

決定的なこの写真を見ればもうおわかりですよね。

P1030975

そうです、Bath(バース)です。エクセターから1時間半ほど、ロンドンからも同じくらい。ということはエクセターとロンドンの中間地点?周りにもかわいい村が沢山あるようで、次回があればBath近郊の小さな村を訪れたいです。さらにはもう少し足を伸ばしてコッツウォルズにも行かねば!

ロイヤル・クレセントの前の芝生で思いっきり遊んだサーシャ。なんて贅沢な・・いつかここに住みたいねえ・・・

 


Wellington Dog Deli お買い得情報 

現在アウトレット大セール開催中!人気おやつが半額です!!

楽天ショップはこちらから 

ヤフーショップはこちらから

 

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

まさしく運命の糸?

運命の糸といっても男女の恋愛話ではありません。おじさん同士の主従関係といった方が良いのかもしれません。かなり個人的な話になってしまいますが、英国へ来て相方が一番初めに親しくなったMさん。上流階級のおぼっちゃまです。相方が「こんな名前をつけるのはアッパークラスに違いない」と笑っていたら本当にそうでした。

P1030564

家族の話をするうちにMさんの祖先は○○家という由緒ある一族で、昔彼の祖父または曽祖父がNZに広大な土地を購入したので彼自身も短期間NZに住んだことがある~という事実が判明。なんと相方の祖父はその○○家のバトラー(執事)として働いていたそうで、この度、両家が世代を超えて再会したことになります。もちろん偶然に、です。なんて狭い世界でしょう・・・

「今も昔も手のかかるアッパークラスの面倒を見ることになるとは・・」と冗談を言ってますが、もちろん現代ではこの若いMさんはバトラーを持つような身分ではありません(今のところ)。Mさんよりも先に相方にバトラーを雇えるような身分になって欲しいところです。よく言われるSix degrees of separationよりも運命を感じるこの繋がり・・・ちょっと鳥肌が立ちました。

 


Wellington Dog Deli お買い得情報 

現在アウトレット大セール開催中!人気おやつが半額です!!

楽天ショップはこちらから 

ヤフーショップはこちらから

 

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

牛ひづめ イギリス版

お待たせしました、本日は牛ひづめレポート in the U.K.です。イギリスでも牛ひづめは人気のようで、たいていのペットショップで見かけることができます。

P1030953

さて、手にとった瞬間買うのはやめよう・・と思ったのですが、99p(200円弱)という値段だったのでケチらず話の種に~と1個購入しました。しかもパッケージなしのバラ売り、賞味期限なんてありゃしない、一体いつからここにあるのか・・・あまり考えないようにします。

P1030955

P1030956

ひづめの色が黒っぽいというのもありますが、とにかく見かけが悪すぎです。かなり傷ついていて「これでも売り物にするんだ」と感心してしまいました。もしかして牛舎で育つ牛はこのようにひづめがボロボロになるのかもしれません。英国の牛はアウトドアの牧場育ちのイメージですがどうして?それにしても、サーシャの口に入れるのには勇気が入ります。やはりこのままゴミ箱行きになりそうです。ちなみに以下がNZ産牛ひづめ。きれいですね!

hoovesplate

これだったら愛犬に与えても安心!イギリスでもNZ産牛ひづめ売り出したい気分です・・・

P1030952

P1030957

とりあえず今回はこちらの豚の皮だけ与えることにしました。よくあるロウハイドガムと異なり、こちらは素材そのままです。ロウハイドガム(骨の形になったやつとか)は漂白等で薬品を使っているらしく、おやつ工場の社長さんから「ロウハイドガムは危険」といつも言われます。皆さんも愛犬にはスジ肉やひづめ等、素材そのままの噛むおやつをお与えください!

この豚の皮、すごい食いつきですが、長さ30センチほどもあり、全部与えるとお腹を下すなと思い、途中で取り上げました。といっても途中で取り上げるのは至難の業・・チーズと引き換えだったので今晩のご飯は半分でいいかも。

牛ひづめからもわかる通り、こちら英国の素材100%無添加おやつはちょっと「汚い」イメージです。相変わらず牛スジもそんなイメージですが、時々与えています。これらに比べるとWellington Dog DeliのNZ産おやつは本当にきれいです。安心して与えられますよ。

 


Wellington Dog Deli お買い得情報 

現在アウトレット大セール開催中!人気おやつが半額です!!

楽天ショップはこちらから 

ヤフーショップはこちらから

 

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

神の子のバトン

サーカスへ行くバスを待っている時の話。バス停でおばあさんと若くてきれいな女の子(二十歳前後でしょうか)が降りてきました。不思議な組み合わせ、おばあさんと孫?と思いきや、女の子がおばあさんに乗り換えの指示を出しています。「○番バスならあと数分で来るはず」とおばあさんに教えて立ち去りました。

きっと乗車した時からおばあさんに頼られていたのでしょう。若いのに偉いです。この子が去ってから後を継ぐのは私の番でした。おばあさんは認知症が始まっているらしく、同じことを何度も聞いてきます。どうやらおばあさんはTopshamに住んでいるらしく、私が乗るバスもTopshamを通るから一緒に乗りましょうと告げると、何度も「Topshamに住んでいるのか?」と同じことを聞いてくるのです。私が住んでいるのはここ(バス停付近)と何度言ったことか・・・

とりあえず一緒にバスに乗る人がいるというだけで心強くなったおばあさんは安心したようでおしゃべりが進みます・・・バスに乗り込んだ後もおばあさんは私が頼りで同じ質問をしてきます。この時、2階建てバスの2階では町から乗車した相方と友人のインド人グループが私を待っていたのですが、おばあさんを独り残して2階に行くことはできず「下でお年寄りのお手伝いをしている」と相方にメールしました。

それにしてもバス停には私の他に(白人の)中高年女性もいたのですが、見知らぬアジア人の私を頼るなんておばあさんも強者です。少しでも若い方が頼り易いとか?おばあさんも経験から勘がするどくなっているのでしょうか?

P1030670

さすがに自分が降りるバス停は認識できたようでホッとしました。ドライバーに一言告げて足の悪いおばあさんを降ろすのに少々時間をもらいました。バス停から独りで帰れるか?と不安になりましたが、きっとおばあさんなら次の神の子をすぐに探して手伝ってもらうに違いないと思いました。おばあさんのおかげで一日一善できました。サーカスも最高でしたし。

 


Wellington Dog Deli お買い得情報 

現在アウトレット大セール開催中!人気おやつが半額です!!

楽天ショップはこちらから 

ヤフーショップはこちらから

 

 

Thanks for shopping!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ