Skip to content

Archive for

役職名はサンタ

本日は相方サイモンの会社の「ファミリー」クリスマスパーティー。子供がいるスタッフのみ招待されます。ボランティアでお手伝いしてくれる若いスタッフもウェルカムですが。

今までは子供も大人も一緒に参加のクリスマスパーティー一つだけだったのですが、いつからか?子供向けのパーティーを別途開催することになったようです・・・過去3年はパーティーの代わりにホビット映画の上映会だったのでサンタさんの仕事はお休みしてましたが、今年は再びお声がかかり、夏日の日差しの中、パーティー会場へ行ってまいりました。

会場といっても牧場です。同僚の一人がライフスタイルブロック(小さな農場付きの家)を買って動物もいるのでそこをパーティー会場として使わせていただきました。敷地に車が十数台停まっていたので「ああ、ここだね!」とすぐにわかりました。ぱっと見でも子供の数20名以上!ペットの馬が大活躍です。

IMG_0167
IMG_0170

そして、家庭用?のこんなものまで(bouncy castleってやつ)!?こんなの借りられるの?それとも買ったの?

IMG_0172

IMG_0181

卵をスプーンに乗せて競争~などゲームをした後はプレゼントタイム!サイモンがこっそりサンタのコスチュームに着替え、バイクに乗せてもらって登場しました。牧場ならではのパフォーマンス。遠くからバイクの音だけブイブイ鳴らして子供たちの気を引きます。しばらく走るとサンタの服装が見えて、子供たちが「あれは何?サンタじゃない?」と騒ぎ始めるのです。そんな子供たちを見て私は始終にやけ顔。

FullSizeRender (3)

サンタが子供たちに迎えられてツリーの横に準備された椅子に座ると、次から次へとサンタに質問が・・・サンタは無茶苦茶なアドリブで答えます。

子供 「どこから来たの?」

サンタ 「みんなサンタはどこに住んでいるか知ってる?」

子供たち 「北極!」 子供 「じゃあ北極からどうやってここまで来たの?」

サンタ 「飛行機でオークランドまで来て、それから電車でウェリントンまで来たんだよ。駅からはさっきのバイクに乗せてもらったの」

子供 「なぜトナカイのそりに乗っていないの?」

サンタ 「トナカイはクリスマス本番までお休みしているんだよ」

子供 「トナカイの名前は?」

サンタ 「ベニソン、ボブ、ベン、ルドルフ、ソフィー」

質問はどんどん続きます。子供、恐るべし・・・さっさとプレゼントの配布を始めようと、サンタが「今年一年良い子だった子は手を上げて~」と叫ぶと皆手を上げます。小さな子供はわからずに「悪い子だった子手を上げて~」でも手を上げてしまい、みなさん大爆笑!

IMG_0219

サンタが「イマドキのサンタはサンタアプリを使っている」とスマホを取り出し、子供の名前の発音を確認します(実際にはアプリなんかなくてただのメモ)。

FullSizeRender (2)

年々スタッフがインターナショナルになってくるのでサンタは子供の名前を上手く発音できません。予めメモをもらっていてその通り名前を呼び上げますが、子供たちもサンタの発音が聞き取れず、アフリカ系・アジア系のお父さんお母さんが「この子です~」とヘルプ。一昔前はイギリス系ばかりで難しい発音といったらアイルランド系だけだったのに・・と時代を感じます。

一通りプレゼントを配ってサンタは再びバイクで去ってゆきます。子供たちが「サンタ、ありがとう~」と口々に叫び、これはサンタ冥利に尽きるなあ、と感心しました。

IMG_0228 (1)

最後に馬に乗ってから帰ろうと思ってましたが、子供優先でしかも疲れたサンタが早く帰りたがったので諦めることに。なのでサンタさんへ「クリスマスプレゼントはポニーでいいです」と言っておきました。とにかく今回こんなに子供たちに感謝されたらまた来年もやらなきゃと思いますね。サンタさん、お疲れ様でした。

 

追記・・・お母さんの一人から報告「サンタさんにちゃんと歯磨きをするように言われたから今晩早速自分から歯磨きするって言ってます!」サンタの洗脳?はいつまで続くか見ものですね。

 

サーシャはお留守番
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

懲りない人たち

昨日の夕方、ミルクとコーヒー豆が切れていたのでサイモンに「仕事帰りにミルクとコーヒー豆買ってきて」とメッセージを送るとやはり?ショップの帰り道ボーイズをチェックしにわざわざ彼らの家の前を通ったそうです。事あるごとに彼らの家の前を通っている気がします・・・

そこで思わぬ光景を目にしたとか!2頭のうち、より凶暴な黒い犬の方がしゃがんでオシッコをしていたそうです。え?メスなの??勝手にボーイズと呼んでいたましたが少なくとも一頭はガールでした。大変失礼しました。ということで、ボーイズ改め、「ギャング」と呼ばせていただきます(初めからそう呼びたかった!)。

IMG_0042

そして、私は今朝早くサーシャの散歩に行き、早速ギャングを見に行こうと思いましたが、こんなことをしているといつか襲われる・・と怖いもの見たさを我慢して違う散歩道を選びました。帰宅してサイモンのひとこと「今朝のギャングはどうだった?」やはり、彼だったらそちらに行くのね・・・

といっても私もやはり、もう一度メス犬という認識であの凶暴な犬を見てみたい!と密かに思っています。本当はサーシャのこと好きなんじゃないか、と。あの凶暴な吠え声と突進は求愛行動??サーシャは尻尾を丸めてしまうのでそのアプローチは効かないのでしょうが・・・

 

ギャング?
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

さまよう犬、先を読む飼い主

昨日のボーイズはまだ健在か?と怖いもの見たさで再びあの散歩道を選んでしまいました。ものすごい強風のまさにウェリントンらしい朝です。

今日は風も強いしコーヒーを買うのを止めようか?とぼ~っと考えながら歩いているとボーイズの家から50メートルほど手前の所で男性がキョロキョロして「犬が逃げたんだけど見なかった?」と。とっさに「まさかボーイズが逃げた?」と一瞬焦りましたが、飼い主さんはこの辺りに営業で来ている風な人だったので、ボーイズではないな・・と冷静になりました。

犬は見かけなかった旨告げて、ボーイズ宅前に来ましたが、犬の声も姿もなし。風が強いから家の中に入っているのか?まさか逃げた犬を捕らえて・・??と嫌な想像をしてしまいます。

IMG_0044

さらに歩き続け、カフェの近くまでくるとサーシャがやたらに後ろを振り返るので目をやると一匹の黒い犬。ドキリとしましたが、さらにその先には先程の飼い主さんが!どうやらこのワンちゃんは我々の後をつけてきたようです。それを読む飼い主さん、お見事!

無事に飼い主さんに保護されたワンちゃん、とりあえず車の中でお叱りを受けそうです・・・もうあんな危険な通りでさまよったらダメですよ。我々も怖いもの見たさで散歩するのは止めなきゃね・・・

 

捕獲成功!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

突然帰ってきました

平和が戻ったはずだったサーシャの散歩道に再びボーイズが出現!遠くからサーシャを見つけ、フェンスに突進して大きな声で吠えるので彼らの家の前を歩く親子もびっくりです。

サーシャは尻尾を丸めて、私はさらりと無視して通り過ぎました。ボーイズが元気でいたことは良かったのですが、この道を通る度に吠えられるのか、または彼らを避けて迂回しなければいけないかと思うとちょっと面倒です。アギー一家はきっとムカつくことでしょう。近所の犬がケガをする前にちゃんとしたフェンスを作って欲しいものです。

IMG_0161

IMG_0162

散歩から帰ってサーシャに巨大牛スジを与えました。1本丸ごとは食べ過ぎになるので途中でレバービスケットをちらつかせるとあっさり牛スジを置いてレバービスケットの方へ・・・やはりサーシャは食べやすいおやつが好きなのですね。

 

牛スジで歯磨き
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ファイトクラブならぬ○○クラブ?

先日サイモンがマイトクラブに誘われ、参加してきました。マイトクラブ?ファイトクラブではありません。マイトです。でも、お友達のmateではありません。~かもしれないのmightです。

近所のスーパー主夫が結成したクラブで、「起こるかもしれない大災害に備える」という目的で物資の準備をしたり、災害時どのように行動するか?といったことを話し合う、早く言えば「飲み会」です。サイモンは間違えてmaybeクラブと呼んでました・・・いきなりメンバー失格ですね。

Jerky1

今回クラブの会合ではゾンビ映画やディザスター映画のようなシナリオを考えていた私の期待を裏切り、主に政治やビジネスの話をしたとのこと。まさにただの飲み会?!こんなことではいざという時サバイバルできないのでは・・・と思っていたら「小さなコミュニティを作ることが重要」などと基本は習っているようです。でも、これはゾンビ映画・ドラマでのお決まり設定ですよね?

また、夏でも薪を沢山キープしておく、など小さなポイントも教えてくれました。電気・ガスが止まったら薪ストーブで煮炊きできますからね。そして、イギリスから帰ってきてから非常食のストックが全くないので非常食の買い出しをせねばと思っています。日本のみなさんも最低限の非常食、避難アイテムを常日頃から準備しておきましょう。

 

サーシャの非常食は牛ガレット
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

今度は雷

土曜日のピハは雨・・・前夜の嵐よりもマシですが、雨の中、外に出る気になれず家の中で子供たちとぬり絵をしたりDVDを観たりしてだらっと過ごしました。

そんな中、山歩きへ出かけるおばあちゃん二人、ジョギングに出かける男子など元気な人たちも。午後、訪問客が来たり、さらに遠方からの家族メンバーもやって来て夕食時はたいへん賑やかになりました。総勢20名ほど。クレイフィッシュにローストチキン&ラムの夕食、デザートも3種類。よく食べました!

IMG_0112

また、冷蔵庫には常にすぐに食べられる軽食が用意されているので一日家の中で過ごすとかなり危険です。誰かが冷蔵庫を空けて「これ食べる?」というシーンが多すぎ・・・普段はホットチョコレートを飲まない私も甥っ子が作っていると欲しくなる始末。沢山人がいて沢山食べ物があるというのは幸せですね。

土曜の晩は再び嵐となりました。さらに雷も!朝起きて「雷がすごくて眠れなかった」と皆が口々に言うのですが、私は金曜の夜眠れなかったせいで土曜の夜はぐっすり眠れ、耳栓なしでも雷に全く気づきませんでした。

日曜の朝、やっと晴れ間が見えて子供たちは「早く泳ぎたい~」とのこと。それでも風が強く気温は20度以下、水温は絶対もっと低いので元気な子供でも水遊び程度にしてもらいたいです。ピハは荒波で有名ですし・・・

IMG_0129

ビーチへ行くとかわいいライフセーバーたちがトレーニング中。ウェリントンのLyall Bayでも週末によく見かける光景です。そのうちこの子たちがPiha RescueのTVシリーズに出てくることでしょう。


IMG_0146

 

IMG_0141

 

犬たちへ挨拶せねば、とキャンプ場へ。サーシャのいとこのマントラ(赤いカラー)に新しく加わったメディ7歳(ブルー)。老チワワのロミオも元気にしてました。ロミオは子供も子犬も嫌いなので以前サーシャも激しく吠えられましたが、最近では歳をとって吠えるのも面倒なようです。キャンプ場のレセプションカウンターの上に丸まって寝ているのでお客さんは「誰かのカツラ?」と思うそうです。金髪のカツラ?いえ、犬です。

 

サーシャはお留守番
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

嵐の週末

週末は家族の集まりでオークランドに集合となりました。今回サーシャはお留守番です。

金曜日のウェリントンは嵐。そんな中いつものシッターのお兄さんがびしょ濡れになって来てくれました。こんな嵐でも飛ぶの?と不安でしたが、幸いにも我々のフライトの時間までには雨も止み、明るい空が広がりました。一時間後オークランドに到着するとこちらは灰色の空。

義母が運転する車でステイ先のピハへ向かう途中の山道では霧がすごくて幻想的、というよりホラー映画のワンシーンのよう。義母の運転は中高年らしく超安全運転なので心配無用です。

今回義母がピハのバックパッカーを丸ごと借りたので家族水入らずでのんびりできました。子供たちは二段ベッドの部屋、大人は個室を充てがわれ、とても快適でした。大人数で旅行する時はこういう借り方もありだなと思いました。

IMG_0117

IMG_0122

その夜ピハにも嵐がやって来ました。風と雨の音がうるさくて朝方まで眠れず・・結局面倒だなと思いながらも耳栓を探してベッドに戻るとやっと眠ることができました。しかしながら早朝、子供のバタバタと走り回る音で起こされ・・4世代が一同に集まるといくら個室とはいえ同じ屋根の下、ゆっくり寝ていられないことがわかりました。つづく

 

 

サーシャはお留守番
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

今度のボンド映画は・・

なかなか面白かったです。お金をかけた(であろう)出だしのシーンからテンポの良い展開。ボンドさん、今回も世界中を飛び回ってます。今の世情を反映したテーマですが、ストーリー的にもう一捻り欲しかった気も・・・とりあえず前作を観てから新作をどうぞ!

Spectre_26713_large

黒髪のせいか、Qが出てくるとサーシャだ!と思ってしまいます。そんな話を帰り際にしていたのですが、「じゃ、ボンドを犬にしたらどんな犬種?」私はすかさず「ハンガリアン・ビズラ!」と。サイモンも全く同じ意見だったようです。疲れを知らずに走り回るビズラはまさしく犬の世界でのジェームス・ボンド!?

 

The name is Sasha, Sasha the Poodle
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

エディーの受難?

近所のスーパー主夫(二児のパパさん)の家にやって来たエディーはトイプードルとマルチーズのミックス犬。

体重が3kgほどでとても小さいのに吠え声は一人前です。エディーが吠えるとサーシャも反応し、我々も「ああ、エディーが番をしてるね」とわかります。

サーシャとじゃれ合うとサーシャがエディーを踏み潰しそうでハラハラしますが、エディーはそんなのお構いなしに飛びついてくるのでサーシャも大興奮・・・そのうち誰かが怪我しそう・・と思っていたら昨日興奮したサーシャがこの家の三歳児に飛びつき危うく彼を転倒させるところでした。犬同士で遊ぶ時は子供と犬は別々にした方が良さそうです。

P1040443

エディーはまだ若いのに(もうすぐ1歳)子供たちには寛容です。エディー家の子供ふたりはよく我が家のガレージ前で遊んでいます。細かい砂利が敷いてあるのでそれで砂遊びをするのですが、お姉ちゃんがその砂利をエディーの体にかけ始めた時は絶句しました。お姉ちゃんの真似して弟も・・・その日サーシャはグルーマー帰りだったので「サーシャにはかけないでね!」と懇願。

さすがにお父さんが2回目以降は「もう十分!」と言って止めさせましたが、きょとんと平気な顔をしているエディーは慣れっこのよう。ちょっと尊敬してしまいます。サーシャも小さい子供のいる家に修行に出したい気分ですが、きっと一日でものすごく汚くなりそうです・・・Dog Day Careでも同じですが。

ちなみにエディーも黒毛。巻き毛ではなくマルチーズの毛でフワフワです。グルーマーさんへは行かず奥さんが適当にカットするとのこと。確かにそれが正解かと。子供たちと遊んでいたらその日のうちにボサボサ、泥んこになるのでわざわざグルーマーでシャンプー&トリミングしてもらっても料金がもったいないだけかも。

そんなエディーもDog Deliの犬おやつをテストしてくれてます。というか、ご近所さんなのでお裾分けです。そのうちエディーの写真を撮ってお披露目したいと思います。

 

砂利かけないでね!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

お兄さん、控えめですね

サーシャのおやつ選びの第二弾です。今度は牛スジ、仔牛スジ、チキン胸肉から選んでもらいます。

IMG_0106

今回迷わずさっさと選んだのは一番小さなチキン!再び控えめなサーシャ!?まあ、この中だったら私もチキンを選びますが・・

IMG_0107

スジ肉と胸肉だと、犬でもやはり胸肉を選ぶとか?また、チキンはどのワンちゃんも好きなお肉、というのも基本的に大半のドッグフードの原料がチキンということもあり、チキン味に慣れているのでしょう。サーシャの主食のOrijinもチキンがメインです。

IMG_0108

自分のベッドでおやつを食べた後、再びおやつがあった場所に戻ってきたサーシャは「あれ、残りのおやつは?」といった様子。残念ながら一日一個です。犬おやつ屋なのに?だから?おやつの量・回数には厳しいのです!でも、この他にちょっとしたご褒美でレバービスケット(4分の1くらいの欠片)などを与えています。

量販店等でよく目にするおやつパッケージに表示されている「給餌量の目安」ですが、個人的にはあまり信用していません。何が入っているかわからないような怪しいおやつに限って結構な量が目安となっています。

Wellington Dog Deliでは「主食量またはカロリーの1割程度」を目安にするようお願いしています。基本的におやつは与えなくてもよいものです、少量でも効果的に利用して下さい。

 

Yummy!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ