Skip to content

Archive for

1ヶ月のお別れ

何かを察してなのか?朝から機嫌が悪いサーシャ。唸ったり吠えたりでゲストの時差ボケは解消されないどころか、私自身もサーシャを1ヶ月も残しておくのは不安なのでここ数日よく眠れず。

私は今晩キャンベラ、シンガポール経由で東京へ。約1週間後に相方、そして、数日置いてマイホームが決まった友人Rも合流します。

今回お買い得なタウンハウスを購入して予算を大幅に下回ったRは日本旅行を十二分に楽しめるかと思います。残った予算で案内役の私へプレゼントしてくれてもOKです。

IMG_1127

では、サーシャ、お留守番しっかりお願いしますよ。

 

サーシャはお留守番
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ヤングな移住者は支援不要?

まだ到着して二日目だというのに職探しが順調な二人・・・二人共見つけたばかりの求人に応募するとのことで、自信満々。

二人共新卒ではないし、経験もあって働き盛りの年齢なので職探しの問題はなさそうですが、時差ボケも治まらないうちに面接って大丈夫なのでしょうか??1週間くらいのんびりウェリントンの街を楽しめば良いのに~と思ってしまいます。

IMG_1125

とりあえず、携帯電話の会社はどこが良いか?住むのならどの地域が安全か(地震含め)?オススメのカフェは?などなど基本的な質問は出てきましたが、旅慣れている若者なので手際良く見知らぬ土地での生活に慣れていきそうです。

ということで・・おじさん、おばさんの助けなどほとんど要らなかったようです。とりあえず、寝るところだけ確保、といったところでしょうか。我々が帰ってくる頃にはすっかりウェリントンっ子になっているかも?1ヶ月後を楽しみにしています。

 

靴下狙うよ・・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

急展開

移住支援センター、昨日の続きです。

昨晩ベッドに入ったところで「明日の朝7時に到着だって」とゲストの到着を知らされました。じゃあ、今からベッドメイキングした方がいいのでは??と提案しましたが、面倒だから明日にしようということでそのまま就寝。この時点でまだゲストの詳細は知らされず・・

そして朝を迎えました。6時過ぎに起きてシャワーを浴び、ようやくゲストの名前、そして、女性二人のカップルで一人はオーストラリア人もう一人はイギリス人であることが判明。

半分寝起きという状態でバタバタと部屋を準備しました。すると家の前にタクシーが停まり、ゲスト到着です。若い女性二人、TVが入っていたような大きな段ボール箱も一緒です。移住にしては荷物が少ないかと思われますが、我々も渡英した時はスーツケースだけでした。

パースに住んでいた二人にとってはウェリントンは肌寒いかと思いますが、本日は夏らしい天気になり、良かったです。といっても二人は時差ボケのため、ベッドへ直行。その間、私は今まで買わねば!と思っていた新しい枕を買いに行きました。サーシャシッター&おばあちゃんのためにベッドリネンも新調したため、旅行前に大きな出費となってしまいました。まあ、こういうタイミングでないと思い切ってまとめ買いできないので良いのですが・・・

IMG_1124

それからサーシャのために大きめのウォーターボールもまだ買っていなかった!と探したところ、このタライが目に入り即決。1週間分くらいの水が入りそうです・・・サーシャは早速ゲストのバックパックにぶら下がっていた帽子をかじろうとしていました。恐るべし・・この先が思いやられます。

 

靴下狙うよ・・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

旅行者&移住者支援センターなの?

突然のことですが、明日からNZに移住するというオーストラリア人カップルが我が家にやって来ます。オーストラリア在住の友人Rの知り合いとのこと。

RがFBに載せたお願いを見て「うちなら我々が日本に旅行してる間使っていいよ、ハウスシッターもいるけど」とあっさりサイモンがOKを出したのです(もちろん私もRの知り合いならOK)が、そのカップルの詳細を知らされず今に至ります。一体何歳くらいのカップルなのか?何日間くらいうちに泊まりたいのか?全く情報をもらっていません。

それにしてもこの他人を安易に信用する(そして家に招く!)サイモンの性格には今でもびっくりします。Kiwiは皆こんな感じなのでしょうか?マオリのホスピタリティも感心しますが・・・私が初めてNZに来た時も見知らぬスウェーデン人を泊めていました。空港で会ったばかりの他人です。

IMG_1009

また今回もそうですが、「我々がいない間に勝手に使っていいよ」編では随分昔ですが、日本旅行へ出発する前にオークランドの友人宅にお邪魔している時、その友人がドイツ人旅行者に車を売った時のこと。そのドイツ人カップルにも「鍵を置いとくからウェリントンに来たら好きなだけ泊まっていって!」と彼らに家を提供したのです。

実は昨年その時のドイツ人から素敵なメールが届きました。「皆があなたのように心の広い人間だったら世界は良くなる~」という内容で、まさに移民問題をかかえるドイツの現状を反映していました。

自分の家族・友人はもちろんのこと、会社のスタッフやその家族、そして赤の他人も受け入れOKな我が家ですが、おかげ様で今までモノを盗まれたとか壊されたということなく、良い人達に恵まれています。

今回のオーストラリア人カップルは友人の紹介なのでそういう不安はありませんが、逆にサーシャが彼らの衣類やモノをズタボロにするかもしれないという心配が・・・サーシャの世話をするいつものシッターお兄さんがいますが、きっと彼のモノもやられることでしょう・・・

とりあえず急な来客のため、本日は家の掃除で大忙しです。

靴下狙うよ・・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

マヌカハニーを探して

本日、友人Sちゃんに頼まれたマヌカハニーを探してドラッグストア、蜂蜜専門店、スーパーマーケットを巡りました。

知らぬ間にマヌカハニーの値段が急騰していてビックリしました。といっても今回はUMF15+のハイスペックなマヌカを探していたので特に高価に感じたのかも知れません。

どれだけ高価かというと・・・細かい数値やメーカーによって異なりますが、UMF15+の500mlが130~155ドル!衝撃的な値段です。家で使うマヌカはUMF5~10なのでそれほど高く感じたことはないのですが、まさかこんな値段とは!ものすごい風邪をひいたとか体が恐ろしく弱ってしまった時くらいにしか手が出せません。

Kiwiの友人によると、庭にマヌカの木があれば養蜂家が蜂の巣箱を置かせて欲しいと言ってくるよ!とのこと。一年で結構な額の報酬をもらえるそうなので今からマヌカの木を育てようかと密かに画策しています。

IMG_1122

我が家のフロントもバックヤードもまだ木を植える隙間があるので今から育てれば数年後には蜂蜜が取れるかも!

 

 

マヌカハニーは犬にもおすすめ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

Devil Dog Again!

以前サーシャにTシャツをボロボロにされた友人Aが再びやって来ました。一晩泊めて欲しいとのこと、結構な頻度で色んな人が泊まる我が家は突然のゲストでもOKですが、前回のサーシャの振る舞いがあるため、我々全員、ものすごく警戒していました。

が、Devil Dogは本当に侮れません。まさに前回のサーシャの悪魔の業を談笑している最中です、サーシャのベッドに見慣れない黒いモノがあるな~と取り上げると見たことのないTシャツです。そうです、再びAのTシャツをズタボロにしたのです!

sachahome

しかも、わざわざAのバックパックの中からTシャツを抜き取ったようなのです・・・今回のTシャツも今は無きレコードショップのものである意味ヴィンテージ品・・・泣きたくなります。

それにしても靴下ならわかるけどなぜTシャツ?我々のTシャツなんて一度も興味をもったことないのに・・・ズタボロにするのに値しないとか?もしかするとサーシャの中で「こいつのTシャツ、あいつのカーディガン」と獲物を決めているのかもしれません。

ということで、我が家に泊まる皆さまは恐怖のDevil Dogに気をつけてください。荷物は出しっぱなしにしない、バッグ類はジップしておく、部屋のドアは閉めるが鉄則です。また、貴重品やヴィンテージものの衣類・小物類は持ってこないでくださいね。

 

DD for Devil Dog
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

週末はまた嵐

再び嵐となった週末、せっかくのWellington Anniversary DayのLong Weekendなのに外出したくないお天気です。天気が崩れる前に草刈りしておいて良かった・・・

IMG_1118

友人とランチの約束があったのですが、彼女の体調不良でランチはキャンセルとなり、天気も悪いからちょうど良かった!といったところ。もちろん彼女の体調は気になりますが・・・

サーシャの方は体調もすっかり良くなり、雨の中でも散歩に行きたがるのでサーシャにはいつものオイルスキンを着せて、自分は漁師のような恰好になって出かけます。

IMG_1120

気温も下がっていて、帰国支度で出した冬服を着る始末です。こんな調子なので日本に到着しても「寒っ!」とならないかもです。日本ではノロとインフルエンザに気をつけねば!

 

犬用オイルスキンのご購入はこちらから

dogcoat_left

 

オイルスキンは必需品
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ブルックリン住民の特権? 

電力会社Meridian Energyからブルックリンに住む顧客にプレゼントです。

NZのチョコレートといえばWhittaker’s、このチョコレート工場(ウェリントン近郊にある工場)の60%の電力をブルックリンの風車が賄っているとのことです。

IMG_1117

それにしてもわざわざブルックリン向けにこの特別包装を作ったのかと思うとお金持ちだな~と思ってしまいます。住民にとってはちょっと嬉しいのですが、こういう広告費を減らして電気代を少しでも安くしてくれるともっと嬉しいかも・・とブルックリン以外の住民なら思うはず。

とりあえずRenewable Energyで作ったエコなチョコレート、ブルックリン版!を食べて見たいと思います。といっても毎週Whittaker’sのチョコは買い足して常備しています。

ちょっとここでブルックリンのご紹介。風車のおかげでグリーンなイメージの強い町ですが、ブルックリンは小学校(もちろん公立の)が良いということで有名だそうです。確かに若いリベラルな家族が多く、しかも親御さんが熱心に学校行事やPTA活動に参加しているようです。ご近所のエディ家がまさにそんな感じで頼もしい限りです。

IMG_0758

そして、ブルックリンに欠けているものはお店やカフェ。メインの通りにあと4~5軒お店が増えればもう少し町も活性化されるかと思います。たぶんCBDに近すぎてお店は必要ないのでしょうが、人気の映画館があるのだからそれに便乗しましょうよ!?映画館の客はべブーブーマー世代の富裕層なのでちょっと小洒落た飲食店の参入をお待ちしております。

 

New Yorkじゃないよ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

看病疲れ

注意!お食事中の方はご遠慮ください・・・

嵐と共にサーシャの下痢がやって来ました。しかも嘔吐まで。どうやらカルビジャーキーが災いしたようです。はい、飼い主の私の責任です。

IMG_1113

IMG_1111

私の監視が甘かったせいで骨の塊を飲み込んだようです。吐瀉物の中には骨の塊や破片らしきものがいくつか見つかりました。

下痢も出し切った感がないのか?しきりにお尻を舐めてます。または急に肛門腺が気になり出したのか?ずっとお尻を気にしているのです。

最悪なのは昨晩からの嵐の中、何度もトイレに(外に)行きたがることです。今朝は4時半から起こされました。その後は風の音がうるさすぎて再び眠ることができず、サーシャに付き合いました。といっても、一晩で下痢は随分良くなりました。病院へ連れて行こうと思っていたのが嘘のように回復。

本当は骨が原因ではなく、何か別のものを拾い食いしたのかも?と疑いたくなります。食欲は普段通り旺盛なので、今は刺激の強いおやつは避けてドッグフードのみにしています。とりあえず、これに懲りて骨のおやつはしばらく禁止です。特に(成)牛の骨は大きくて硬いのでNG。やはり与えるのは軟らかい仔牛のネックやリブだけにしておきます。

嵐が去った後はこちらも嘘のように晴天になりましたが、飼い主は看病疲れで眠いので散歩は近場で手短にお願いします。

 

骨はおあずけ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

風速160kmの嵐が迫る

本日のウェリントン、かなり暗いです。Weather Bomb(爆弾のような大嵐?)が迫っているのです。

お昼頃にはトローリーバスの運行が止まり、相方サイモンも早々に帰宅。サーシャの午後の散歩はいつもより数時間前に終わらせ、コンポストビンの蓋に重石を乗せ、吹き飛ばされそうなものは家の中に入れました。

IMG_1116

IMG_1115

さて、雨が降ってきました。いよいよ爆弾投下か??植えたばかりのとうもろこしや実をつけたリンゴの木など家の中に避難させることはできませんが、どうか無事でいてね・・・

 

飛ばされないように
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ