Skip to content

ライバルはピエロ!

週末はキッズイベントが二つも!子供のいない家庭なのにどうして??

まず土曜日は甥っ子&姪っ子と近所の子供を連れてナノガールのサイエンス・ショーへ行ってきました。日本の「でんじろう先生」みたいなものです。ガールというだけあって、若い女性の先生が色々実験をして見せてくれます。

IMG_2423

ステージ上でちょっとした爆発など、子供でなくてもドキリとしました。子供向けなのでドタバタ劇が多く、私とサイモンは「子供の笑いのツボって・・」と終始苦笑していました。これで子供達が少しでもサイエンスに興味を持ってくれれば~と祈ってます。

そして、日曜はサイモンがサンタになる恒例のクリスマスパーティです。今年は47人の子供がいるそうで・・・去年の失敗から学習しているので今年は風船なし!さらに、なぜかBouncy Castleもなしです(楽しみにしていたのに!)。代わりにClown(ピエロ)を呼んだとのこと。

いきなりピエロが登場すると怖がる子供がいるので、このピエロはまず普通のおじさんとして登場、そして、徐々にメイクをしてピエロにトランスフォームするというイマドキの?パフォーマンスです。サイモンとしてはライバルの登場で焦っている!?かと思いきや、一番前でピエロに従って踊っていました・・・さすがタダでは転びません。

IMG_2430

ピエロがメイクを拭き取っておじさんに戻り、子供達がピザや持ち寄りのお菓子などを食べている間、サイモンがキッチンに隠れてサンタの衣装を身に着けます。こんな長いことサンタをやるなら10年前にテーラーメイドでサンタスーツを作っておくんだった・・だそうです。毎年参加している子供達はサンタ以上に慣れたものでサンタさんへプレゼントとしてぬり絵などを準備しています。

サンタ登場=プレゼントがもらえる、ということで子供達の集中力が一気に高まります。ピエロに勝った瞬間はこちら。この集中力、ご飯前のサーシャと良い勝負です。

IMG_2434

年々子供達の名前を発音するのが困難になっているのですが、会社がインターナショナルになっているということで喜ばしいことです。インド系の名前が難しいということで、サンタの隣でインド人お母さんが発音のヘルプをすることに。

また、昨年サンタの正体を見破った女の子とは目を合わせないようにした・・ということです。47人分のプレゼントを配り、今年のお仕事終了です。サンタさん、お疲れ様でした。来年は会社経費で上等なサンタスーツを作りましょう。

 

サンタVSピエロ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

満潮を待って・・・

土曜日の朝から泳ぎました。残念ながらヌーディスト・ビーチではありません、いつものOwhiro Bayのサーシャ用ラグーンです。

といっても、満潮なのでいつも目にする岩も水面下に沈んでいる状態です。沖を眺めるちょっと勇敢な姿のサーシャ。木の棒を投げ込むと回収する気満々です。

IMG_2419

FullSizeRender (11)

FullSizeRender (12)

泳ぐのも体力を使うと思うのですが、水から出た後のブルブル(体を脱水する動き)で、ものすごいエネルギーを使っているかも?・・このエネルギーを外部装置に溜め込むとか何とかして別に活用できないか?と思うのは私だけでしょうか?

 

毎日満潮をチェック
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

ヌーディスト・ビーチ

ウェリントンにもヌーディスト・ビーチがあるのをご存知でしょうか?街から見て空港よりも奥にあるBreaker Bayです。

IMG_2373

先日も通りましたが、どの辺りがヌーディストビーチになっているのか?特にそういう趣味・志向がないのでイマイチわかりません。主にゲイ男性の出会いの場として使われているようです(あくまでも、知り合いのゲイ男性の意見です)が、普通に散歩している人もいるとか。たぶん知らない人なんかは付近がウォーキング・コースになっているので、ちょっとビーチまで~という感じで立ち寄ってしまうのでしょう。

そして、どうやらこのスポットは水温がかなり高いということです。ヌーディストだけでなく、海で泳ぎたい人にとっては最高のビーチです。ということで、私がヌードになるのは勘弁してもらって、まずはサーシャを泳がせようと思っています。でも、ビーチは犬禁止かも・・・?岩場でミニ・ラグーンになっている場所を探します。

今朝は早くから日差しが強く、Breaker Bayへ行く気満々でしたが、風が強くて水から出たら寒そうなので午後の様子を見て出かけようと思います。

 

サーシャはナチュラル志向
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

眠れない夜

まさか眠れない夜が来るとは!東京で仕事をしている時以来です・・・原因は?というと、もちろん仕事のストレスでも恋の悩みでも病気でもありません。さらには昼寝のしすぎでもありません。暑すぎて眠れないのです!!ウェリントンなのに!

夜、寝かかっている時、体から汗が吹き出ているのがわかります。枕元にはウォーターボトルで水分補給できる状態ですが、水分を捕りすぎると今度はトイレに行きたくなるという悪循環・・・そして、朝方やっと体が冷めて眠りに入れるというパターンです。

今朝サイモンがお茶を入れてくれたのにも気が付かず、目が覚めた時にはベッド横のお茶も冷めていました。そして、スマホを見るとサイモンからのメッセージが・・・「扇風機が必要だね」と。はい、今週末は我が家で初の扇風機を買いに行く予定です。サイモンは屋外でハンモックで寝たい~とも。虫がいなければそうしたいところです。

IMG_2409

毛皮を着ている彼はもっと暑いはずなのに夜も朝も熟睡していて羨ましい限りです。海に近いルビー家は夕方泳ぐと言っていたので、サーシャ共々参加しようと思います。

 

エアコンも欲しいかも
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

黒犬でなくても暑い!

ウェリントンは晴天が続き、ずっとまともな雨が降っていません・・・12月に入る前に節水命令が出たほどです。

本日サーシャを泳がせようとOwhiro Bayへ行ったのに引き潮のため、水位が低くていつものラグーンでは泳げず・・・といっても、砂浜の方は少々波があるので私がビビります。黒いレトリバーが勇敢に泳いでいますが、さすがにサーシャは沖の方へさらわれそう。

IMG_2413

ということで本日は水泳見送り。涼しい海岸沿いを散歩しました。ちょうど良い風が吹いていて、この付近に住んでいる人達が羨ましい~と思いました。夏だけですが。

それにしても、これからどんどん暑くなるのでサーシャの散歩&避暑対策を考えねば・・・

 

海辺に住みたいね
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャがホスト

昨日はサーシャの(もうすぐ)お友達のルビーが遊びに来てくれました。

ルビーが階段を上がってくるのが見えた時、サーシャは興奮して大声で吠えてましたが、家に入るとホストらしく客人(ルビーをシッターしている友人二人)をもてなしました。

相変わらずルビーに近づこうとして警戒されるサーシャですが、自分の家なので諦めずにずっと付きまとい、ルビーもいい加減疲れた様子・・・ルビーは我が家の風呂場で誤ってバスタブに落ちてしまうというアクシデントがありましたが、全く怪我はなく、逆に我々人間の方がビビってました。

IMG_2404

IMG_2406

庭へ行って二頭シンクロでオシッコしたり、同じ恰好で窓を見張る様子はすっかりお友達?ちなみにこの後ドッグパークへ行ったら同時にウンチも・・・連れションならぬ連れウンチ?

ドッグパークの片隅でビールを飲みながらボーリング?っぽいゲームをしていた若者のグループの輪に入って愛想を振りまくサーシャに対しては、ルビーは呆れ顔でした。

やはり、犬も精神年齢はメスの方が上なのでしょうか?彼女は金曜日に7歳になったところ。サーシャの方が4ヶ月ほどお兄さんです。アホな兄にしっかりものの妹って感じです。暑くない日にまた一緒に散歩へ行きましょう!

IMG_2407

 

今度は泳ぐ?
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

お別れ

土曜の午後、突然ドアを叩く音が。サーシャが勢い良く吠えて対応してくれました。サーシャの大好きな二人組。今年の2~3月、我々が北海道旅行している間、うちに居候兼サーシャの世話をしてくれた女性カップルです。

hayabusa

クリスマスのプレゼントを持ってお別れの挨拶にきました~とのこと。どうやら二人はオーストラリアへ帰ることを決めたようです。ウェリントンは好きだけど~諸々の理由があるようで、今度はメルボルンで新生活を始めるそうです。

すっかりウェリントンっ子のメンタリティが根付いている私は、「ウェリントンのどこがダメなの?最近は英国の有名シンガー、エド・シーランがウェリントン大好き宣言をして、NZ首相に市民権をくださいってお願いしてるくらいなのに・・・」なんてちょっと疑問を投げかけたいところです。

が、フラット探しで随分苦労していたのも知ってます。2017年は住宅価格が恐ろしく高騰した年です。大スターならともかく、若い女性二人にとっては住みやすい都市ではなかったかもしれません。時々旅行でウェリントンに戻って来てほしいです。そして、これからメルボルンでの新生活が上手くいくよう祈ってます!

 

寂しくなるね
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

窓の外にはサンタ!

ここ数日、鋭い日差しの中でもガーデニングに精を出してします。少し外に出ているだけで汗びっしょりになり、屋内で水分補給&休憩する時間の方が長いのは否めませんが、そろそろ芽が出てきたこの子達をベジガーデンに移さねば!と思い、必死で草むしりしているところです。

IMG_2393

実際、長らくネグレクトされた畑が生き返っていくのを見るのは達成感があります。週末はサイモンにバトンタッチして大きくなってきたカボチャや豆の苗を植えてもらおうと思っています。

さて、お茶を飲んでから第二ランウド開始!と思っていたら窓の外からクリスマスソングが聞こえてきました。学校の方を見ると、サンタさんの姿が校庭に!子供でなくてもテンション上がります。

IMG_2392

子供たちは歌を歌いながら大型バスへ乗り込みました。どこへ行くのでしょうか?これからクリスマスパーティ?羨ましいです。

そういえばサイモンの毎年恒例サンタのお仕事は今週末かも・・・庭いじりを優先して欲しかったのですが、これだけは仕方ないですね。子供達が待ってるので。

 

Naughty or Nice
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

お友達までもう一歩

再び日差しが強くなり、カラカラに暑くなった昨日の午後。「散歩、どうする?」とルビーのシッターをする友人と外に出たくない感いっぱいの会話が始まり、「どこか日陰になっている場所は?」ということで、散歩場所の候補を出しました。

私の候補はブルックリンから町へ下る途中にあるセントラルパーク。木が生い茂っているので日中もしっとり暗いイメージです。一昔前までは犯罪も多かったとか(とりあえず夜は歩かないで下さいね)。問題はこの暑さの中、公園まで歩きたくない、ということです。

友人が候補に上げたのがいつものドッグパークを囲むトラッキングコースです。茂みの中なので日陰になっているはず!ということで、こちらに決まりました。

ドッグパークに到着するなり、サーシャの頭の中はボール遊びでいっぱいです。定位置でボールを待っているので、ルビーが来るまでボール遊びをすることに。途中、ウィペット&シュナウザーにご挨拶。彼らくらいのサイズならサーシャも怖くないので仲良しになれるようです。

そして、ルビー到着。今回も相変わらずサーシャを警戒するルビーですが、前回のような威嚇はなく、なんだか良い感じになってきました。茂みの中の散歩でも、サーシャとルビーが交代で先頭になり、なかなか息が合ってます。

ルビーはどうやら我々人間が群れから離れないか、遅れをとらないか?をチェックする見張り役が好きなようで、私が一番後ろへ行こうとすると後ろで見張るルビーが「前へ行け」と促します。お座敷犬なのに群れのルールには厳しいようです。前世はボーダーコリーだったのかも?

IMG_2387

IMG_2388

駐車場に戻り、サーシャに水をあげると、普段は他人(犬)のボールから水を飲まないというルビーもサーシャのボールで一緒に水を飲みました。この瞬間、お友達になった!?と思いましたが、ルビーが友人の膝に座り、サーシャが自分も~と近づいたらガウ~っと威嚇・・・やはり、Safe Spaceを侵害してはいけませんね。次回は一緒に膝に座らせてもらえることを祈ってます。

 

Almost Friends!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

サーシャのブルジョワ生活

昨日はサーシャのグルーミング・デー。ということは私の床掃除の日です。

木の床専用の洗剤がなくなっていたので仕方なく水拭きにしました。たぶん90%の確率で次回掃除したい時も洗剤がない!という状況が容易に想像できるので、早速ホームセンターへお買い物。たまに行くホームセンターは楽しいものですね。

私もサーシャのブルジョワの生活のおこぼれを!というこで・・お昼過ぎにはグルーミングが終わるので、お昼は以前発見したイタリアン・カフェ!と決めていました。が、この連日の暑さで、なんだか食欲がありません。本当は店内でパスタを食べようと思っていましたが、今回もまたピザをテイクアウトすることに。次回は体調万全でパスタに臨みます!

IMG_2373

キレイになったサーシャをピックして海岸沿いをドライブして帰ることに。途中立ち寄ったBreaker Bayで黒のミニプードルの女子、ミミちゃんに出会いました。サーシャはグルーミングしたてなのでちょっと気取っている風・・でも、ミミちゃんはサーシャのことなど無視です。

飼い主のおじさんいはく、この近くに住んでいるのでいつもこの海岸を散歩する、とのこと。いつでも泳げて羨ましいです。さすがにグルーミング後しばらくはキレイな髪型を壊したくないので泳がせませんが・・

IMG_2374

IMG_2380

それにしても、この暑さには少々うんざりです。明日ルビーと一緒にお散歩しようと約束していますが、再び晴天だったら散歩はやめて、家でゴロゴロしていたいかも。

 

黒い犬には地獄の暑さ?
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ